最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
122:疑似科学 by 森下礼 on 2011/05/22 at 07:06:47

反重力というのは「疑似科学」だと思います。なぜなら、それを標榜した麻原彰晃は「詐欺師」でした。サブリナさんは、どうもこの疑似科学に惹かれる傾向があると思えます。お気をつけください。
 もっとも、正直言って、中国の奇門遁甲(きもんとんこう)という占いは的中率が高いです。地磁気の変化を理論化したものと言われます。さらに易経はほぼ100%的中します。
 まあ、私も疑似科学は好きなのですがね。

>「で、物質は有限界に形を持って存在していて、変化を生じた事を時が経過すると言う。変化しないで永遠に時が続くのって心のような愛のようなものじゃない?」

「???」

この見解は詩的で面白いですね。

123:麻原とは別件ですょ。 by サブリナ on 2011/05/22 at 16:34:01

>三つの電気コイルが磁場を発生する。その磁場の中に浮かび、高速で回転する超電導セラミックディスク
ってなんだろうと思ったのです。
このニュースは2,3日前に見つけたサイトのですが、米軍ではすでにUFOを作っているらしく、興味があったので、(電磁波の理解を深めたくて)乗せてみました。^^;

麻原で有名な浮揚v-15で思い出したのですがこの反重力というのは、
リニア新幹線の技術ではないんでしょうか?

238: by キチガイは地球を救う! on 2012/09/11 at 19:36:48

惑星は自ら回転(スピン)するのか?
http://ameblo.jp/m-ken-net/day-20120119.html

http://www.youtube.com/embed/9nDJhK4HISY

近くに磁を石置くだけで発電(スピン起電)
http://www.asyura.com/09/bd55/msg/369.html

「振動」することで「回転」します。

注目しなければならない事実がある

それは?

銀河も惑星を星団も太陽も地球も全て「回転」している

と言う事だ!!

そう

回転の元は「振動」にあるのですが、では?

その「振動」は何処から来るのか?

その答えは

「周波数」なのです。

そして、各々の周波数は

意識の振動なのです。

そう

惑星にも意識があり

振動して回転していると言う結論になるようなのです。

当然、意識の振動を誘発している存在があるのですが

その存在が

銀河系の中の太陽系では太陽である

その太陽をさらに誘発振動させているのが

銀河系の螺動旋回している銀河星団と、それぞれの惑星意識となり

その中心から膨大な量のガンマ線放射されている

素粒子がどのように振動して神聖幾何学模様に共鳴付着するのか?

▼このエントリーにコメントを残す

変な奴で驚いたでしょ?

 最近、重力をなくすことが出来る技術が見つかったそうですがピラミットを建設した人々はこうして作ったのではないでしょうか。
この反重力と違って、ピラミットパワーというのはまったく不思議ですよね。

石を手にとってつくづく眺めて見るのですが、石なんて千年たったっても石です。
その石からどうしてパワーが生まれるのか。???ピンポーン! 
 ひらめきました。
石は原子で出来ている物だ。取り出せないけど、エネルギーの塊なのだ!
そしてピラミットパワーには、石の並ぶ向き角度と地球の東西南北になにか秘密があるのだ。
フレミングの法則によって。^^; 
全て形あるものはエネルギーなんですもの。
そしてエネルギーというものは、神と呼ばれる方向から流れてくるので
私たち人間は時と方位によって神に支配されているのではないか?
年回りや吉凶の方位など占いといわれるものは、当ってないとは言えないのもこれで説明がつくように思うのです。

色即是空の秘密が潜んでいるんじゃないか?

3次元界に存在するという事は、一方の端から端が右左となり前後となり上下を持つって事を
友達に、割り箸で必死に説明しようとした事があるのです。
「形があるでしょ。前後。こっちが上でだからこっちが下。長さってものが箸にはあるのよね。」「???」

「で、物質は有限界に形を持って存在していて、変化を生じた事を時が経過すると言う。変化しないで永遠に時が続くのって心のような愛のようなものじゃない?」

「???」

何言ってるかわかってもらえなかった。



http://youtu.be/Psfn6fB67Xo

http://youtu.be/m5vytkPuMSE
関連記事
コメント
122:疑似科学 by 森下礼 on 2011/05/22 at 07:06:47

反重力というのは「疑似科学」だと思います。なぜなら、それを標榜した麻原彰晃は「詐欺師」でした。サブリナさんは、どうもこの疑似科学に惹かれる傾向があると思えます。お気をつけください。
 もっとも、正直言って、中国の奇門遁甲(きもんとんこう)という占いは的中率が高いです。地磁気の変化を理論化したものと言われます。さらに易経はほぼ100%的中します。
 まあ、私も疑似科学は好きなのですがね。

>「で、物質は有限界に形を持って存在していて、変化を生じた事を時が経過すると言う。変化しないで永遠に時が続くのって心のような愛のようなものじゃない?」

「???」

この見解は詩的で面白いですね。

123:麻原とは別件ですょ。 by サブリナ on 2011/05/22 at 16:34:01

>三つの電気コイルが磁場を発生する。その磁場の中に浮かび、高速で回転する超電導セラミックディスク
ってなんだろうと思ったのです。
このニュースは2,3日前に見つけたサイトのですが、米軍ではすでにUFOを作っているらしく、興味があったので、(電磁波の理解を深めたくて)乗せてみました。^^;

麻原で有名な浮揚v-15で思い出したのですがこの反重力というのは、
リニア新幹線の技術ではないんでしょうか?

238: by キチガイは地球を救う! on 2012/09/11 at 19:36:48

惑星は自ら回転(スピン)するのか?
http://ameblo.jp/m-ken-net/day-20120119.html

http://www.youtube.com/embed/9nDJhK4HISY

近くに磁を石置くだけで発電(スピン起電)
http://www.asyura.com/09/bd55/msg/369.html

「振動」することで「回転」します。

注目しなければならない事実がある

それは?

銀河も惑星を星団も太陽も地球も全て「回転」している

と言う事だ!!

そう

回転の元は「振動」にあるのですが、では?

その「振動」は何処から来るのか?

その答えは

「周波数」なのです。

そして、各々の周波数は

意識の振動なのです。

そう

惑星にも意識があり

振動して回転していると言う結論になるようなのです。

当然、意識の振動を誘発している存在があるのですが

その存在が

銀河系の中の太陽系では太陽である

その太陽をさらに誘発振動させているのが

銀河系の螺動旋回している銀河星団と、それぞれの惑星意識となり

その中心から膨大な量のガンマ線放射されている

素粒子がどのように振動して神聖幾何学模様に共鳴付着するのか?

▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。