最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
135:なるほど。 by 森下礼 on 2011/06/03 at 13:21:07

 なかなかユニークで面白い詩ですね。この詩の3段構成は興味深いです。
 どこへ射ても、誰かを傷つける弓矢。エロスの矢のように神話的です。

136:ありがとうございます。^^; by サブリナ on 2011/06/04 at 00:45:30

ある時、目の前しか見えていないけれどこの景色のはるかむこうには、ニュースで報道されている場面があり同じ時間を共有しているのだと気がついた事があったのです。
毎年雪はねをするのですが、同じこの場所で汗を流したり花を眺めたりする夏を迎えるんだなぁと
、地球の裏側のことを忘れまいと思ったことがあったのです。

そんなことからこんな詩を作ってみたのですよv-47

▼このエントリーにコメントを残す

先が金色に光ってる  美しい矢を  ひろった。  

宇宙の法則 りんちゃんの恋より


  先が金色に光ってる  美しい矢を  ひろった。  
 
 
  「私の思い  天の神様!  とどけて!」

  天に向けて撃った。 まだ引力があるのを

  知らないころの あたし・・

  矢は 頭に 降ってきちゃった

 真っ赤になるので  あの人の顔が 見れなく なった

   「しかたない  誰かにとどけ!!」

  真っ直ぐに撃った。

  地球が丸いのを 知らないころの あたし・・

  矢は誰にもあたらずに  私の背中を射た

  胸が 急に 痛くなって ため息しか 出なくなった

   「こんなもの!」

   と地面に撃った。 裏側が夏なのを 知らないころの  あたし・・

   矢は地球の裏側の かわいい男の子の足に 刺さった

   『あっちっち あっちっち・・♪」

   そのとき この歌が出来たのです。




2000年作
関連記事
コメント
135:なるほど。 by 森下礼 on 2011/06/03 at 13:21:07

 なかなかユニークで面白い詩ですね。この詩の3段構成は興味深いです。
 どこへ射ても、誰かを傷つける弓矢。エロスの矢のように神話的です。

136:ありがとうございます。^^; by サブリナ on 2011/06/04 at 00:45:30

ある時、目の前しか見えていないけれどこの景色のはるかむこうには、ニュースで報道されている場面があり同じ時間を共有しているのだと気がついた事があったのです。
毎年雪はねをするのですが、同じこの場所で汗を流したり花を眺めたりする夏を迎えるんだなぁと
、地球の裏側のことを忘れまいと思ったことがあったのです。

そんなことからこんな詩を作ってみたのですよv-47

▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。