最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

キューバって凄い。

大摩邇(おおまに)
さん

<一部転載>
 カストロの成し遂げた事は数限りなくあります。国民に無料の医療を提供し続けただけではありません。それを世界各国に無償で提供し、大災害に見舞われた国々に国際医療援助隊を派遣して、多くの医師や薬を送り、それも各国の医療支援隊がごく限られた期間で、しかも人里に近い比較的恵まれた地域の活動にのみ限定しているのに比べて、奥地の医師のいない無医地区にまで踏み込み、様々な困難を乗り越えて地元に密着した医療を、しかも無償で届けているのです。特にイスラム教地区では女性が男性の医師に診療して貰うのを嫌う風潮がありますが、キューバの医師団は女性が約半数を占め、それも若い女医さんが多いのが特徴です。

 医療の中身は、伝染病の撲滅は言うに及ばず、外科手術も高度なものが行われ、持参した薬や高度な医療器具はすべて現地に寄贈して帰り、何も報酬は受け取らないという徹底した貢献を行っています。

 この他にも、中南米諸国では、栄養不良や他の理由により目の見えない人々が数多くいますが、旅費・宿泊費・治療費すべて無料でキューバに迎え入れ、高度な開眼手術を施して送り返すという事業も行っています。その人数は半端なものではなく、国を挙げての事業になっているのです。

 それでも皆さんは、わが国やアメリカほどの高度先進医療は不可能だろう、とお思いでしょうがそんな事はまったくありません。ワクチンや先進医療用の薬も自前で開発し、そのうちの幾つかは国際的に認められ注目され、輸出もされているのです。もちろん、アメリカは様々な妨害を行っています。しかし、アメリカはすべて医療はカネで処理されます。つまり収入の低い貧乏人は高度先進医療は受けられないのです。様々な理由でアメリカに亡命したキューバ人も多いのですが、「これがキューバだったらあたら命を失わずに済んだものを」とほぞを噛むキューバ人も少なくないと言われています。

 まだこの他にも色々な面で現代の医療にないキューバ医療の特長があります。漢方も取り入れています。このたびの東日本大震災に際しても、様々な日本の医療システムの矛盾が露呈されていますが、残念ながらキューバ医療には及びません。キューバ医療には日本の医療に欠けていた人間を治療する、という思想があるのです。江戸時代の民間医師に見られる、『医は仁術』という思想がいまだに生きているのです。

 現代日本医学は、資本主義に毒されています。大きな大学病院や民間の大病院はすべてビジネスライクに徹しています。それが医療を機械化し、非人間的にしているのです。またそれがあたかも進んだ先進医療だと誤解されているフシさえあります。

 キューバではファミリードクター制度が定着し、ある程度の治療なら、一人の家庭医がすべて診療し、より高度な治療が必要だと認められた患者は高度先進医療システムの充実した大病院に送られて入院加療されるのです。

 エイズも既に克服され、新たな患者はほとんど出ていません。以前は隔離に近い形で治療されていましたが、今はほとんど通院で治療が終わる段階に来ています。

 来るべき、人類の「黄金時代」には、医療の一端はこのような姿になるのではないでしょうか。

            <全部読む>
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。