最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
142:写真に写る幽霊 by サブリナ on 2011/06/15 at 01:06:08

「霊媒が形体化してみせるいわゆる霊魂のなかには、亡くなった人の声や外観を装って
依頼人をたぶらかし、とりつこうとする『エクトプラズム(心霊体)を通して固定的に形体化した
バイブレーションの』霊体にすぎないものがある。これらの霊体のたぶらかしの唯一の目的は、
依頼者の信頼をかちえ、憑依しやすくすることである。
霊媒にかかわる行為には、当人の魂を何かの奴隷にしてしまう危険性が大いにある。」

▼このエントリーにコメントを残す

宇宙からの警告      脳から脳への思念伝達        

自分が夢中になったものって人と共有したくなりますよね?そんな言葉が詰まった本なのです。

この大峠を乗り越えるためのヒントになれたら、素敵なんですけれど。

<抜粋>ーーーーーーーーーーーなーわーふーみーとーーーーーーーーー→ はじめ
  ケルビン・ロウ著  たま出版
座右の銘 「自らの努力で受け入れ準備の出来たとき、人間に禁断の知識など何ひとつない。
それ故に、聞く耳を持つ者には聞かしめよ。」

「人間は本来破壊を望まず戦争もしたくはないのに、自らが抱く恐怖に駆られて
破壊や戦争に走るという事実、したがってわれわれは人間が作ったおきて(法律)より、
造物主とその「聖なる法則(おきて)」の方にこそ、関心を持ってしかるべきだ、という事実を
十分に理解して頂きたいのだ。」

「もし人類が生き延びてより高い段階へ進化するつもりであれば、新しい思考法が必要である。
それが人類の前途に迫りつつある惨禍を回避する唯一の道なのだ。
なぜならやみの軍勢と光の軍勢の戦いは、人類がすでに気づいていようといまいと、もう始まっているのである。
とはいえ、ものを考える人々は次の事実をはっきりと自覚しはじめている。
要するにわれわれは、破壊より協調と平和が望ましいという真理に学び服さなければならないのだ、と。」

この不思議な体験にともなって感じた周波数の高いバイブレーション(振動、霊気)は私をひどく不安にさせた。
「バイブレーションは宇宙全体のあらゆる物体の支配要因であり、宇宙はバイブレーションによって支配・統制されている。
バイブレーションの法則を統制するのはリズムである。」

「人間の身体は、陰陽二つの極性を持つが故に全体として一つの磁石であり、一人ひとりが潜在的状態か活動的状態にある磁力を持っている。
各人の磁力は特定のオクターブもしくはバイブレーションで振動しているが、テレパシーによって想念が意図した発信先に伝達されるのも、まさにこの磁力のおかげである。
想念の中身は高度に電気的であり、送り手と受け手の精神的バイブレーションの波長が一致しなくてはならない。
なぜなら精神の調和と和合こそ、脳から脳への思念伝達の第一要件だからである。人間の意志は、磁気的流れの導き手である。」
                                         続く
関連記事
コメント
142:写真に写る幽霊 by サブリナ on 2011/06/15 at 01:06:08

「霊媒が形体化してみせるいわゆる霊魂のなかには、亡くなった人の声や外観を装って
依頼人をたぶらかし、とりつこうとする『エクトプラズム(心霊体)を通して固定的に形体化した
バイブレーションの』霊体にすぎないものがある。これらの霊体のたぶらかしの唯一の目的は、
依頼者の信頼をかちえ、憑依しやすくすることである。
霊媒にかかわる行為には、当人の魂を何かの奴隷にしてしまう危険性が大いにある。」

▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。