最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

宇宙からの警告    魂は神に由来している

前頁
「神が創造した宇宙の究極の目的は、絶えることなき永遠の進歩である。人類はかって、気質的にイエスを理解できる域に達していなかったので彼を拒んだ。
もしイエスが今日の地球に降臨されたとすれば、ただ人類に拒まれるばかりではあるまい。
彼らは神の意志が”無限なる秩序”に従って機能し”宇宙の法則”の支配下にあるかもしれないという考えを、断じて受け入れない。
神が”無限なる活動や””無窮の進歩”故に存在している可能性など、頭から受け付けないのだ。」

「魂は神に由来し神から派生したものであり、したがって神の属性から切り離して考えることはできないことが、はっきりわかるはずである。
そして魂が生得的・潜在的に造物主のあらゆる属性をそなえているに違いなく、神の属性が存在の不滅性と継続性であることも、明瞭に理解できよう。
したがって魂は存在の継続性を一応そなえているが、自らの物質的現れにおいては一見して不滅性に終わりがあることも明らかである。
この生命を活性化する原動力は、自らの内に時代時代の経験と知識を携えており、物質的に形態化した人間を”原因と結果の法則”によって特定の人生経路や環境へと導くのである。」

「人間の霊魂は太陽系に似ています。それぞれの魂は”宇宙霊”が個別に拡大・伸長したものですが、
人間の脳天に存在する”太陽”と12の中枢を通じて現れる指導的エネルギーが、身体を活性化するその様子は
太陽系のそれぞれの位置を占める12の惑星が活性化するのと同じようなものです。
人体には33の中枢がありますが、人間はこれらの中枢で精神活動を行うことになっています。
人間の意識を通じ、惑星の振動周波数が霊的により高度な状態へ増幅されるのです。」

人間は”聖なる知性としての神”が現れる為の経路にほかなりません。
自然の法則を、そして人間に反映された神の属性の本質と造物主の流儀を、学んで下さい。
神は人間を創造し、生命の息を吹き入れられた。この霊は、すべての人間において同一であり、すべての人間の霊魂は”神という同一性”の“一部”なのである。また霊魂は、神の形なき本質でもある。
そしてあらゆる有形物、要するに目で見て明らかに存在する物体は、霊魂の集中的想念が物質的なものを通じて作用した結果である。」
                                          次頁
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。