最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
150:肥田舜太郎さん講演 by サブリナ on 2011/07/25 at 23:47:58

内部被爆について

151:近理多美さんのマイページ by サブリナ on 2011/09/07 at 12:01:55

*豆乳ヨーグルトと乳酸菌風呂のすごい効き目
==============乳酸菌の体験者(筆者)コメント:
============7~8月にブログ更新を怠ったのは、筆者が乳酸菌育成・活用道の実践に熱中していたから。
結論:想像を絶する効き目!飯山夜狸氏が、乳酸菌風呂で免疫力1000倍!というのはあながち誇張ではない。これがあれば放射能に勝てる!と筆者も身をもって実感!
以下筆者の体験記。

乳酸菌風呂体験記1ヶ月程で乳酸菌(PH約3.3)20リットル超の育成に成功し、7月23日から入浴開始。

1.入浴したその日から足先の冷えが解消足先が冷えるので、真夏でも就寝時にはソックスを着用していたが、入浴した日からポカポカしてソックス不要となった。以来一ヶ月半、もうソックスは使っていない。加齢とともにここ10年来熟睡できなくなり、寝起きがいつも不快だった。入浴以降、熟睡とまではいかぬものの、目覚めの不愉快さが吹っ飛んだ。

2.喉が腫れ易い体質が改善若い頃から扁桃腺がはれやすく、夏、窓を明けて寝ると必ず喉をやられた。喉の腫れからくる、微熱、頭痛、寒気等の夏風邪症状を、ひと夏必ず2,3回は体験したが、入浴後この症状が一切ない。今年は全く夏風邪をひかなかった。

3.爪に月が現れた左右とも親指にしか爪の月がなかったが、左右とも人差し指に月が現れてきた。

4.髪は黒々、肌はもち肌っぽく髪が全体的に黒々としてきて、白髪も一部途中から黒くなっている。肌は、入浴の翌日から、きめ細かくしっとりした健康的な肌になった。豆乳ヨーグルトと放射能対応食への切り替え筆者は豆乳ヨーグルトも同時に実践し、食事も放射能対応ヴァージョンに全面改訂したので、その成果と相乗効果になっていると思われる。
豆乳ヨーグルトの成果は、便秘がなくなったこと、ウンチがにおわず切れがよいためトイレットペーパーが汚れず、尻拭きを省いても構わぬ程。(慣例で一応拭いている)
食事改善=伝統的日本食への転換加工食品・外食をやめ、全部自作に変えた。食材は、ご飯、味噌汁(煮干だし、豆腐、わかめ、あぶらげ、ねぎ、しめじ、熟成味噌等)ぬか漬け野菜やトマト、りんご、ごぼう、梅干、豆乳、きな粉等の植物性蛋白。
飲み物は、日本茶、酵母菌、乳酸菌、豆乳飲料、時々ビール。発酵食品を多く取る。(味噌、しょうゆ、キムチ、納豆…)塩は粗塩(天塩)だけを使用し、塩分をたっぷり取る。酢も多用する。乳酸菌はそのまま飲んだり、ぬか漬や食事にも取り入れて摂取。
こうしたメニューを少量、よーく噛んでゆっくり食べる。よく噛むと、ご飯の自然の甘みのおいしさがわかる。少ない量で満腹になる。おいしいと感激する。すると、肉、卵、牛乳や人口天添加物入り食品、甘いものは自然と食べたくなくなる。(→肉、魚、卵、牛乳、甘いものはとらない。)

****つまるところ放射能との戦いは、被侵略民族-日本が古来から持つ自然と共存する食文化と、侵略民族ー米国が押し付けた自然(他者)征服の抑圧的肉食添加物文化の戦いではないか、日本人は(まるで放射能地獄を見越したかのような)、科学的にもトップレベルの先祖伝来の、放射能食に打ち勝つすばらしい食文化をとり戻すべきだ。

原発事故がいみじくも示した「銭金のために、自然と他者を皆殺しにする文化」にたった食ではなく、自然の恵みに感謝し、ムダな殺生をせず、自然や生き物と共存する、日本民族の優れた食の文化、それを取り戻したものだけが、この放射能地獄を生き延びうる。

ノアの箱舟に皆が乗ることはできない。「1日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ、欲はなくいつも静かに笑っている…」この詩を、真に実践する者だけが搭乗を許されることだろう。

152:リンゴ、干しブドウ、ブドウ、海藻にはペクチンが豊富 by サブリナ on 2011/09/13 at 00:02:08

放射線核種排泄のために、ペクチン含有の食品、飲み物を取ること。(特にリンゴ、干しブドウ、ブドウ、海藻にはペクチンが豊富)特に子供と妊婦は積極的に採取するとよい。
目安としては毎日皮付きリンゴ2個ぐらいの量。低分子化アップルペクチンがよりよい。
野菜やキノコ類は、水に浸す、茹でる、塩漬け、酢漬けにすることで、汚染した放射能線核種を数分の一に減らすことができる。チェルノブイリのBELRAD研究所の論文。富山医科薬科大学田澤教授翻訳による

太古の水(ナノバブル水)細胞膜の活性化によって細胞内に入り込んだ物質を排泄できる


154:健康情報が沢山のサイトを発見。 by サブリナ on 2011/09/20 at 23:50:29

クレンジングするという表現がぴったりな
「フォーミュラ#2」は、3000種類以上におよぶ
毒性の化学物質や汚染物質、薬物の残留物を
無毒化して排泄するはたらきがあるとのこと。

うれしいことに、水銀や鉛に代表される重金属や、
今問題となっている放射性汚染物質をも吸着して
排泄してくれるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな紹介もありました。
http://onasu.exblog.jp/16205606/
『がんの特効薬は発見済みだ!』

京都の西京極にあるおかざき内科の医師、
岡崎公彦さんの本です。

医学界への警鐘として、
遺言のつもりで書き下ろした作品とのこと。

今年出版されてからじわじわとクチコミで広がり、、
アマゾンでは売り上げ1位になりました。

「本書を読まれて、その治療を受けられるなら、おそらくあなたは元気に回復されるでしょう。」

「末期のがん患者の場合は100パーセントというわけにはいきませんが、それでも半分以上の方々は、生還できるに違いありません。」

ガンの特効薬がなにか、先に結論を言ってしまうと、
おかざき内科でガン患者に処方しているのは
第一三共のビオタミンという薬です。

薬というか、ビタミンB1誘導体なので
ビタミン剤です。


ガン特効薬の有効成分は
「ベンズアルデヒド」とういうもので、
生のアーモンドに少量含まれています。

ビオタミンには、ベンズアルデヒドに近似した構造を
もつベンゾイル基というのが含まれていて、
同じく制ガン作用を発揮することから特効薬として使われています。
どのような種類の癌にも有効で、
効きにくい癌種というものはないみたいです。


ビオタミンはビタミン剤なので安価ですが、
医師の処方が必要となります。




158:サプリメント by サブリナ on 2011/10/03 at 02:24:41

フォーミュラー1
バズビー博士のお薦めです。

164:放射能の除去術あれこれ by サブリナ on 2011/10/16 at 20:10:11

みんな頑張っていますね。焼き塩に乳酸菌。
イラストが楽しいです。

166:放射能を避ける調理法など。 by サブリナ on 2011/10/22 at 22:07:41

『ペクチンは身体の中から放射性物質を排出する働きがあります。』
(補足:上のビデオにはありませんが、講演会場で書き取りした私のノートから)
『ペクチンは色々な野菜や果物に含まれています。
オレンジの実に一番含まれていることが分かりました。しかし、ベラルーシは寒い国なのでオレンジは高価なものであるためにリンゴを使ってペクチンを作ることにしました。オレンジにはリンゴよりも3〜5倍のペクチンが含まれています。』

167:Sea saltと重曹 by サブリナ on 2011/10/24 at 18:07:35

体に付着した放射能を洗い落とす方法として
Sea saltと重曹ををまぜたお風呂。
1~2カップのSea saltと1カップの重曹を入れたお風呂に20分間つかると皮膚についた放射能をほぼ落とせるらしい。
これは放射線治療した患者やX線を浴びた人にも有効なんだって。
嘘か本当かテレビや携帯から出る放射能も体から除去してくれるんだとか。
赤ちゃんや乾燥肌の人の場合はさらにグリセリンをちょっと入れると刺激が少なくていいらしいです。
赤ちゃんの飲み水も大事だけどお風呂のお水も大事ですよね。
アロマセラピーなどでよく聞くクレイ(粘土)も、放射能を吸着して取り除いてくれるらしく、飲み水の浄化やお風呂に使うといいらしいと書いてありました。
木炭や活性炭は手に入りやすいですけど、クレイももし手に入るようでしたら、お勧めだと私は思います。

さらにこの重曹と塩のお風呂浄化作用をキッチンでも利用してしまおうってことで、
料理に使う野菜や魚なども重曹と塩を混ぜたお水で洗うと付着した放射能が洗い流せるとどこかで書いてありました。
魚やお肉も一度このお水でさっと煮てから料理すると取り除けるらしいですよ。(煮たお水は使わない)

170:陰陽論では、放射能は極陰、極陽の海水、塩、味噌、梅干、炭が有効 by サブリナ on 2012/01/19 at 10:13:50

陰陽論では、放射能は極陰であり、それを中和させるには極陽の海水、塩、味噌、梅干、炭が有効であると言っている。
これは、長崎に原爆が落とされた時に、秋月辰一郎博士が玄米飯と塩と塩からい味噌汁を患者に食べさせて命を救ったこと『るいネット』「放射能汚染から身を守る為の知恵~塩、味噌が身を守る!」や、「炭で放射性物質を除去する」と符合している。


また、若杉友子氏『体温を上げる料理教室』(到知出版社)によれば紫外線や電子レンジは陰で、赤外線や太陽(可視光線や赤外線)は陽とのこと。
つまり、放射線をはじめとして波長の短い電磁波は陰であり、波長の長い電磁波は陽であるということになるだろう(但し、可視光線より波長の長い電磁波は、それはそれで人体に害があるかもしれない)。


これとカタカムナの「イヤシロチ」「ケカレチ」の認識を重ね合わせると、
イヤシロチ(還元電圧の環境)は陽の土地であり、波長の長い電磁波に満ちている環境であり、
ケカレチ(酸化電圧の環境)は陰の土地であり、波長の短い電磁波に満ちている環境であるということになるだろう。


実際、楢崎皐月氏はケカレチの土壌改良の方法として、「炭素埋設法」を提起している。これも陰陽論的に捉えれば、(極)陰の土地に極陽である炭素を埋設することで土壌を中和するということであろう。

173:井口博士の放射能除去術。 by サブリナ on 2012/02/22 at 22:34:29

沢山の方法がありますね。有り難うございます。

210: by サブリナ on 2012/06/14 at 23:06:01

春ウコンで沢山の癌が治るという研究があるようです。
一度取り寄せてみましたが大変安かったのです。
こちらで紹介されているところのほうが確実かも知れません。
http://www.haru-ukon.com/index.php?%E7%AC%AC1%E7%AB%A0

▼このエントリーにコメントを残す

放射能除去する方法。焼き塩.・ビール酵母

放射能除去技術関係 大摩邇(おおまに)さん

<抜粋>
tokaiama やっぱりバカパパの東海アマ
ビキニ諸島水爆実験で被爆し白血球の数値は3000まで落ち込んだそうですが、そのとき大量のトマトジュースを飲んであっという間に治り、数値もすぐに6000まで回復した、トマトジュースを飲んでいる人には全く被害がないとのことからだそうですhttp://goldentamatama.blog84.fc2.com/キンタマ
5時間前
まず玄米が良い理由ですが、やはりフェチン酸の排出作用かと聞いてみたのですが、その通りとのことです。千さんが放射性物質に効果があるとして勧める食品は、大豆(ダイズ)製品と、小豆(あずき)なんだそうです。
tokaiama やっぱりバカパパの東海アマ
@ @YT_unstoppable あります ポリタンクに備長炭10センチ長以上を砕いて入れ、ゼオライトを100グラム入れます。これを一日置いて飲めばよろしい ヨウ素とセシウムの大半が除去可能 心配なら活性炭入りジョウゴを使用


いろいろな情報を網羅してくださっている所です。

MMS

ビール酵母

7.5Gyで照射したマウスは、何もなしだと5%が生残、Zn酵母摂取なら80%が生残、とのこと。 RT @kazuho14:
独法の放医研は文科省の天下り団体なのでご注意を!RT @katukawa :平成18年の放射線医学総合研究所のプレス。「ミネラル含有熱処理酵母に、放射線被ばく後においても障害を防護する極めて顕著な効果があることを見出した」だって。結構有意な差が出ている。


つながっている心よりご紹介いたします。

野菜の放射能を除去することが出来る方法を見つけましたのでお知らせいたします。



飯島秀行さんの講演宇宙の法則にそったあり方が全ての問題を解決する鍵のようです。

<抜粋>

海水を汲んできて片方に焼き塩を入れると
入れなかったほうは腐り、入れたほうは腐らないんです。

飯島「これはミネラルが決めてではなく、大きなサイクルが原因である、放出型で腐敗していくサイクルか、吸引して持続していくサイクルかでモノが決定していく。栄養があるかないかよりも効能があるかないか。役に立つ水か立たない水か、もちろんミネラルはあったほうがいいが、放出型の水にミネラルを入れても全く役に立たない」

飯島「どんなものより勝るのは意識圧、意識圧が高まれば物質の存在価値はなく、すべて自分の体で制御することができる」

どんな良いものを身体に入れても意識が低かったら駄目だということ。

しかし日本には凄い方がごく普通にいらっしゃいますね。
私は昔から、天才ほど神に近い人ほど
ごくごく普通の姿で存在すると思いそう伝えてきました。
そうじゃない人間は見かけにこだわる。

「福島原発から20Kmの土壌と飯館村の沼の水の放射線測定結果報告」(テネモス)
をご覧になってください。驚きの数字です。
放射線除去、90~100%の数字です。<抜粋終了>

さてはてメモ帳
<一部抜粋>
ぺトカウ効果・低レベル放射線・食事療法
5.人体中のSODなどの酵素や食物中のビタミンやミネラル類などの抗酸化物質は、活性酸素に対する防御機能があり、被曝後の影響低減の可能性となりうる。 

(引用注;活性酸素による細胞障害というのは、現在ではよく知られている知識ですが、ペトカウ効果発見の偉大と言うべき重要点は、
細胞の正常性にとって放射線のある程度の高線量を短時間浴びるよりも、生成活性酸素のラジカル再結合が起こりにくい
低線量を長時間浴び続ける方が危ないということをはっきり示したことです。 
このおかげで、通常のいろいろな抗酸化剤(味噌汁、乳酸菌なども含む)が、(特に慢性的低線量)被ばくに対して防御効果があるだろうと言えることになります)<終了>

がんの治療と医療大麻:米国の国立ガン研究所(NCI)がマリファナの抗癌作用を正式に認める


なでしこジャパン優勝!

関連記事
コメント
150:肥田舜太郎さん講演 by サブリナ on 2011/07/25 at 23:47:58

内部被爆について

151:近理多美さんのマイページ by サブリナ on 2011/09/07 at 12:01:55

*豆乳ヨーグルトと乳酸菌風呂のすごい効き目
==============乳酸菌の体験者(筆者)コメント:
============7~8月にブログ更新を怠ったのは、筆者が乳酸菌育成・活用道の実践に熱中していたから。
結論:想像を絶する効き目!飯山夜狸氏が、乳酸菌風呂で免疫力1000倍!というのはあながち誇張ではない。これがあれば放射能に勝てる!と筆者も身をもって実感!
以下筆者の体験記。

乳酸菌風呂体験記1ヶ月程で乳酸菌(PH約3.3)20リットル超の育成に成功し、7月23日から入浴開始。

1.入浴したその日から足先の冷えが解消足先が冷えるので、真夏でも就寝時にはソックスを着用していたが、入浴した日からポカポカしてソックス不要となった。以来一ヶ月半、もうソックスは使っていない。加齢とともにここ10年来熟睡できなくなり、寝起きがいつも不快だった。入浴以降、熟睡とまではいかぬものの、目覚めの不愉快さが吹っ飛んだ。

2.喉が腫れ易い体質が改善若い頃から扁桃腺がはれやすく、夏、窓を明けて寝ると必ず喉をやられた。喉の腫れからくる、微熱、頭痛、寒気等の夏風邪症状を、ひと夏必ず2,3回は体験したが、入浴後この症状が一切ない。今年は全く夏風邪をひかなかった。

3.爪に月が現れた左右とも親指にしか爪の月がなかったが、左右とも人差し指に月が現れてきた。

4.髪は黒々、肌はもち肌っぽく髪が全体的に黒々としてきて、白髪も一部途中から黒くなっている。肌は、入浴の翌日から、きめ細かくしっとりした健康的な肌になった。豆乳ヨーグルトと放射能対応食への切り替え筆者は豆乳ヨーグルトも同時に実践し、食事も放射能対応ヴァージョンに全面改訂したので、その成果と相乗効果になっていると思われる。
豆乳ヨーグルトの成果は、便秘がなくなったこと、ウンチがにおわず切れがよいためトイレットペーパーが汚れず、尻拭きを省いても構わぬ程。(慣例で一応拭いている)
食事改善=伝統的日本食への転換加工食品・外食をやめ、全部自作に変えた。食材は、ご飯、味噌汁(煮干だし、豆腐、わかめ、あぶらげ、ねぎ、しめじ、熟成味噌等)ぬか漬け野菜やトマト、りんご、ごぼう、梅干、豆乳、きな粉等の植物性蛋白。
飲み物は、日本茶、酵母菌、乳酸菌、豆乳飲料、時々ビール。発酵食品を多く取る。(味噌、しょうゆ、キムチ、納豆…)塩は粗塩(天塩)だけを使用し、塩分をたっぷり取る。酢も多用する。乳酸菌はそのまま飲んだり、ぬか漬や食事にも取り入れて摂取。
こうしたメニューを少量、よーく噛んでゆっくり食べる。よく噛むと、ご飯の自然の甘みのおいしさがわかる。少ない量で満腹になる。おいしいと感激する。すると、肉、卵、牛乳や人口天添加物入り食品、甘いものは自然と食べたくなくなる。(→肉、魚、卵、牛乳、甘いものはとらない。)

****つまるところ放射能との戦いは、被侵略民族-日本が古来から持つ自然と共存する食文化と、侵略民族ー米国が押し付けた自然(他者)征服の抑圧的肉食添加物文化の戦いではないか、日本人は(まるで放射能地獄を見越したかのような)、科学的にもトップレベルの先祖伝来の、放射能食に打ち勝つすばらしい食文化をとり戻すべきだ。

原発事故がいみじくも示した「銭金のために、自然と他者を皆殺しにする文化」にたった食ではなく、自然の恵みに感謝し、ムダな殺生をせず、自然や生き物と共存する、日本民族の優れた食の文化、それを取り戻したものだけが、この放射能地獄を生き延びうる。

ノアの箱舟に皆が乗ることはできない。「1日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ、欲はなくいつも静かに笑っている…」この詩を、真に実践する者だけが搭乗を許されることだろう。

152:リンゴ、干しブドウ、ブドウ、海藻にはペクチンが豊富 by サブリナ on 2011/09/13 at 00:02:08

放射線核種排泄のために、ペクチン含有の食品、飲み物を取ること。(特にリンゴ、干しブドウ、ブドウ、海藻にはペクチンが豊富)特に子供と妊婦は積極的に採取するとよい。
目安としては毎日皮付きリンゴ2個ぐらいの量。低分子化アップルペクチンがよりよい。
野菜やキノコ類は、水に浸す、茹でる、塩漬け、酢漬けにすることで、汚染した放射能線核種を数分の一に減らすことができる。チェルノブイリのBELRAD研究所の論文。富山医科薬科大学田澤教授翻訳による

太古の水(ナノバブル水)細胞膜の活性化によって細胞内に入り込んだ物質を排泄できる


154:健康情報が沢山のサイトを発見。 by サブリナ on 2011/09/20 at 23:50:29

クレンジングするという表現がぴったりな
「フォーミュラ#2」は、3000種類以上におよぶ
毒性の化学物質や汚染物質、薬物の残留物を
無毒化して排泄するはたらきがあるとのこと。

うれしいことに、水銀や鉛に代表される重金属や、
今問題となっている放射性汚染物質をも吸着して
排泄してくれるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな紹介もありました。
http://onasu.exblog.jp/16205606/
『がんの特効薬は発見済みだ!』

京都の西京極にあるおかざき内科の医師、
岡崎公彦さんの本です。

医学界への警鐘として、
遺言のつもりで書き下ろした作品とのこと。

今年出版されてからじわじわとクチコミで広がり、、
アマゾンでは売り上げ1位になりました。

「本書を読まれて、その治療を受けられるなら、おそらくあなたは元気に回復されるでしょう。」

「末期のがん患者の場合は100パーセントというわけにはいきませんが、それでも半分以上の方々は、生還できるに違いありません。」

ガンの特効薬がなにか、先に結論を言ってしまうと、
おかざき内科でガン患者に処方しているのは
第一三共のビオタミンという薬です。

薬というか、ビタミンB1誘導体なので
ビタミン剤です。


ガン特効薬の有効成分は
「ベンズアルデヒド」とういうもので、
生のアーモンドに少量含まれています。

ビオタミンには、ベンズアルデヒドに近似した構造を
もつベンゾイル基というのが含まれていて、
同じく制ガン作用を発揮することから特効薬として使われています。
どのような種類の癌にも有効で、
効きにくい癌種というものはないみたいです。


ビオタミンはビタミン剤なので安価ですが、
医師の処方が必要となります。




158:サプリメント by サブリナ on 2011/10/03 at 02:24:41

フォーミュラー1
バズビー博士のお薦めです。

164:放射能の除去術あれこれ by サブリナ on 2011/10/16 at 20:10:11

みんな頑張っていますね。焼き塩に乳酸菌。
イラストが楽しいです。

166:放射能を避ける調理法など。 by サブリナ on 2011/10/22 at 22:07:41

『ペクチンは身体の中から放射性物質を排出する働きがあります。』
(補足:上のビデオにはありませんが、講演会場で書き取りした私のノートから)
『ペクチンは色々な野菜や果物に含まれています。
オレンジの実に一番含まれていることが分かりました。しかし、ベラルーシは寒い国なのでオレンジは高価なものであるためにリンゴを使ってペクチンを作ることにしました。オレンジにはリンゴよりも3〜5倍のペクチンが含まれています。』

167:Sea saltと重曹 by サブリナ on 2011/10/24 at 18:07:35

体に付着した放射能を洗い落とす方法として
Sea saltと重曹ををまぜたお風呂。
1~2カップのSea saltと1カップの重曹を入れたお風呂に20分間つかると皮膚についた放射能をほぼ落とせるらしい。
これは放射線治療した患者やX線を浴びた人にも有効なんだって。
嘘か本当かテレビや携帯から出る放射能も体から除去してくれるんだとか。
赤ちゃんや乾燥肌の人の場合はさらにグリセリンをちょっと入れると刺激が少なくていいらしいです。
赤ちゃんの飲み水も大事だけどお風呂のお水も大事ですよね。
アロマセラピーなどでよく聞くクレイ(粘土)も、放射能を吸着して取り除いてくれるらしく、飲み水の浄化やお風呂に使うといいらしいと書いてありました。
木炭や活性炭は手に入りやすいですけど、クレイももし手に入るようでしたら、お勧めだと私は思います。

さらにこの重曹と塩のお風呂浄化作用をキッチンでも利用してしまおうってことで、
料理に使う野菜や魚なども重曹と塩を混ぜたお水で洗うと付着した放射能が洗い流せるとどこかで書いてありました。
魚やお肉も一度このお水でさっと煮てから料理すると取り除けるらしいですよ。(煮たお水は使わない)

170:陰陽論では、放射能は極陰、極陽の海水、塩、味噌、梅干、炭が有効 by サブリナ on 2012/01/19 at 10:13:50

陰陽論では、放射能は極陰であり、それを中和させるには極陽の海水、塩、味噌、梅干、炭が有効であると言っている。
これは、長崎に原爆が落とされた時に、秋月辰一郎博士が玄米飯と塩と塩からい味噌汁を患者に食べさせて命を救ったこと『るいネット』「放射能汚染から身を守る為の知恵~塩、味噌が身を守る!」や、「炭で放射性物質を除去する」と符合している。


また、若杉友子氏『体温を上げる料理教室』(到知出版社)によれば紫外線や電子レンジは陰で、赤外線や太陽(可視光線や赤外線)は陽とのこと。
つまり、放射線をはじめとして波長の短い電磁波は陰であり、波長の長い電磁波は陽であるということになるだろう(但し、可視光線より波長の長い電磁波は、それはそれで人体に害があるかもしれない)。


これとカタカムナの「イヤシロチ」「ケカレチ」の認識を重ね合わせると、
イヤシロチ(還元電圧の環境)は陽の土地であり、波長の長い電磁波に満ちている環境であり、
ケカレチ(酸化電圧の環境)は陰の土地であり、波長の短い電磁波に満ちている環境であるということになるだろう。


実際、楢崎皐月氏はケカレチの土壌改良の方法として、「炭素埋設法」を提起している。これも陰陽論的に捉えれば、(極)陰の土地に極陽である炭素を埋設することで土壌を中和するということであろう。

173:井口博士の放射能除去術。 by サブリナ on 2012/02/22 at 22:34:29

沢山の方法がありますね。有り難うございます。

210: by サブリナ on 2012/06/14 at 23:06:01

春ウコンで沢山の癌が治るという研究があるようです。
一度取り寄せてみましたが大変安かったのです。
こちらで紹介されているところのほうが確実かも知れません。
http://www.haru-ukon.com/index.php?%E7%AC%AC1%E7%AB%A0

▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。