最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

論語の説く「まごころからの思いやり」は、 我が国の国柄を深めてきた。

■■ Japan On the Globe(546)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■
国柄探訪:『論語』が深めた日本の国柄
~ 岩越豊雄著『子供と声を出して読みたい「論語」百章』

『論語』の説く「まごころからの思いやり」は、
我が国の国柄を深めてきた。
■1.孔子の喜びに弾んだ肉声■

「孔子は、その思想が当時の為政者に入れられず、不遇の人生
を歩んだ人だ」と思っていたのだが、実は「その内面では学ぶ
ことの喜びに充ち満ちた幸福な人生を送った人ではなかったか」
と『子供と声を出して読みたい「論語」百章』[1]を読みつつ
今更ながらに気がついた。

 著者の岩越豊雄さんはこう語っている。

 私は小学校の校長を退職した後、子供を対象に、江戸時
代の「寺子屋」をモデルに、素読と習字を組み合わせた塾
を始めました。対象は小学生たちですが、喜んで『論語』
を素読しています。リズムの美しい簡潔な文で、読んで心
地よい名文だからだと思います。[1,p31]

 この本は、岩越さんが子供たちに『論語』の一章ずつを読み
聞かせた内容をまとめたものだが、その文章を通じて、孔子の
喜びに弾んだ肉声が聞こえてくるような気がした。『論語』の
解説書は何冊か読んだことがあるが、こういう経験は初めてで
ある。

 こういう本を通じて、子供の時から学問の喜びを感じる事が
できれば、それはこれからの長い一生を支える「学ぶ力」「生
きる力」となるだろう。

■2.「学びの喜び」■

 孔子の喜びは『論語』冒頭の第一章から弾んでいる。 [1,p37]

 子(し)曰(いわ)く、学びて時にこれを習う。また説
(よろこ)ばしからずや。朋(とも)あり、遠方より来た
る。また楽しからずや。人知らずして慍(いか)らず、ま
た君子ならずや。

 先生がおっしゃった。学んだ時に、よくおさらいをする。
それが自分の身についたものになってくる。なんと喜ばし
いことではないか。心知る友が遠くから訪ねてきてくれる。
なんと楽しいことではないか。人が認めてくれなくとも怒
らない。なんと志の高い優れた人ではなかろうか。

 この一章を、岩越さんは、子供たちにこう解説する。

「学ぶ」は「まねをする」に由来するといいます。「習」
は雛鳥(ひな)が巣の上で親鳥の羽ばたきをまねて、飛び
立つための練習をしている字形だといいます。

 どのようなことでも、練習して初めてできるようになっ
た時の喜びは誰でもよく覚えています。例えば自転車に乗
れるようになった時とか、体が水に浮いて泳げるようになっ
た時の喜びなどは、生涯忘れられない思い出です。学んだ
時にはそれを何度も繰り返し、練習してできるようになる。
それが「学びの喜び」です。小さな事でも、「わかった」、
「できた」、「やり遂げた」という喜びを体験し、積み重
ねると、自信にもなり、物事に意欲的に取り組めるように
もなるのです。

 自転車や水泳を例に「学びの喜び」を説くあたりが、いかに
も小学生にふさわしい。

■3.「学び」と「友」と「不足を思わない」■

 その後に続く「朋(とも)あり、遠方より来たる」と「人知
らずして慍(いか)らず」については:

 学んだことが身につき、自信がつけば自然と互いに心が
通じる友ができ、楽しく語り合うこともできます。そうし
た友が、思いがけなく訪ねてくれた時は、本当に嬉しいも
のです。

 水泳の例で言えば、一緒に水泳を習う友達どうしが、自分は
背泳もできるようになったよ、などと語り合う喜びだろう。

 しかし、たとえ自分が学び、力をつけても、他の人がわ
かってくれない、認めてくれない時もあります。それでも
怒ったり、不足を言ったりしない。そうできる人は、ほん
とうに志の高い優(すぐ)れた人です。

                 続きを読む
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。