最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

米国の「アジア重視」なぜ今?  田中 宇

米国の「アジア重視」なぜ今?
2011年11月20日  田中 宇
<転載>
--------------------------------------------------------------------------------

 米国のオバマ大統領が11月17日、オーストラリア議会での演説で、アジア太平洋地域を最重視すると宣言した。オバマは、米軍がアジア太平洋に駐留し続けることを約束する一方で、中国との協調関係を強化したいと表明した。しかしこの宣言は、米国が、豪州に米軍を初めて恒久的に駐屯することや、中国抜きの多国間貿易協定であるTPPを推進すること、東アジアサミット(ASEAN+3+5)で中国が嫌がる南沙群島問題を議題にするなど、中国敵視策と同時に発せられている。そのため、オバマのアジア重視とは中国包囲網の強化であると、日米マスコミなどで理解されている。(Obama declares Asia a `top priority')

 日本では、米国がいよいよ中国敵視に本腰を入れたと考え、オバマの新政策への期待が大きい。しかし、私にはむしろ、米国が今ごろになってアジア重視を宣言するという「間の悪さ」の方が気になる。米中関係は1990年代末から、経済面を中心に、中国が台頭し、米国が下り坂になる傾向をたどってきた。米国の中国敵視策は、日韓やASEANなどアジアの親米諸国を巻き込むことが不可欠だ。

 だが今や、それらのアジア諸国はすべて、最大の貿易相手国が米国から中国に替わっており、本格的な中国敵視をすることができない。米国自身、世界最大の米国債の保有者である中国が米国債を売り放ったら、財政破綻やドル崩壊に瀕するので、一定以上の中国敵視をやることができない。米国が、中国敵視や中国包囲網の強化を国家戦略にするなら、もっと早く始めるべきだった。アジア諸国や米国自身にとって、中国が経済面で最重要の国になった後になって、米国がアジアを巻き込んだ中国敵視策を打ち出したのは、なんとも馬鹿げている。

▼アジア最重視は、英イスラエルを見放すこと

             続きを読む

田中宇の国際ニュース解説・メインページへ
<転載終了>
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。