最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

電磁波と健康

電磁波と健康

携帯電話で白内障に

電磁波過敏症が増えてきています。今やオフィスワークではパソコンが欠かせません。自宅でもパソコンです。携帯電話も欠かせません。それ以外でも電磁波だらけの社会なので、電磁波による障害はこれから大きな社会問題になると感じています。
不定愁訴(頭痛、目まい、耳鳴り、吐き気、脱力感、疲労感、だるさ、慢性疲労症候群など)は電磁波障害の可能性があります。

【ウェブニュース「イズラキャスト」より】

 イスラエル・テクニオン大学での実験で、携帯電話から発する電磁波によって、目の水晶体が傷つくなど、視覚に影響を及ぼす結果が出ることがわかった。

 そもそも電磁波の視覚への影響に関する調査は、第二次大戦後、レーダー技術社らに、白内障にかかる割合が増えているのではないかと疑われたことが始まりだった。ガンやその他の疾病と違い、一般的にはあまり知られていないが、電磁波の目への影響こそが、電磁波規制値を最初に定めるきっかけとなったのだった。それ以降の動物実験によって白内障との関連が認識されてきた結果、1998年のICNIRPガイドラインの決定にも影響を与えた。

 電磁波が体組織に吸収されると、一部はイオン伝道により細胞を熱し部分的に体温を上げる。過去の動物実験では3度C 以内の水晶体付近の体温上昇によって、白内障のリスクが増えることがわかっているが、SAR値が基準値内なら水晶体の温度はそれほど危険なはずはない。

 今や一般的になったSAR値に対し、SA値(Specific Energy Absorption)は体組織に吸収されたエネルギーの合計値を表すが、この違いが、電磁波の視覚への影響に関する最新の研究にとって大変重要なのだ。

 今回の実験では1歳の牝牛の両目の水晶体を取り出し、各々片目を2mW,1.1GHzの電磁波に、50分曝露して10分休むかたちで24時間、これを各回2週間続け、正常な片目と比較した。

続きを読む http://blogs.yahoo.co.jp/shhjn017/18693864.html

IHとオール電化は便利で安全だけど。

TVでもIHやオール電化の宣伝をよく目にする。確かに便利、安全性が高いと感じさせる。
しかし、本当だろうか?私にはとても危険なモノに感じるのだが。
きっと家庭の中に電磁波の洪水を生み出すだろうに。

「オール電化、というのも日本独自のもので、オール電化だけはやめなさい」と言い続けている学者もいるがその声は届かない。明らかな被害が多数出なければその危険性を認めない我国では、自分の感性で自分を守るしかない。電磁波の研究が進んでいる北欧では決してやらないと聞いているのに。

続きを読む http://blogs.yahoo.co.jp/shhjn017/50221412.html

前立腺ガン、子宮ガンとウオッシュレット

前立腺ガン、子宮ガンとウオッシュレットの関係です。ウオッシュレットと健康の関係は、水道水に含まれる塩素の害が問題との認識だけだったのですが、実はもっと大きな問題として電磁波の影響がありました。電化製品なので、温熱便座もあるとなると電磁波の影響が相当にあるようなのです。
Bさんの話によれば、「ウオッシュレットの危険性は、電子レンジの比ではない」とのこと。

ある医学博士から意外なことを知らされました。
それが、「前立腺ガンとウオッシュレットの関連性」です。

ここ最近、男性の前立腺ガンが増えてきているそうですが、その原因の一つとしてウオッシュレットがあると、ある医学博士に指摘されたことがあったのです。

続きを読む http://blogs.yahoo.co.jp/shhjn017/40261030.html

ウオッシュレットと健康の関係

電磁波と健康その他美容と健康 Yahoo!ブックマークに登録 ウオッシュレットは便利で気持ち良くて私には無くてはならないモノです。ただ健康上には問題があると思っていて、それは水道水に含まれる塩素の害が問題との認識が強かったのです。
・・・ところがですね。塩素よりも電磁波の影響の方がもっと強いと主張する人がいるのです。
電化製品なので、電磁波の影響が相当にあるようなのです。

「実は、恐い話があるんですよ。それは、ウオッシュレットの危険性です」
Bさんの話によれば、「ウオッシュレットの危険性は、電子レンジの比ではない」とのこと。
なぜなら、トイレは誰もが毎日使うものであり、しかも女性の場合は、そこ(便座)に頻繁に「座って」使うだけに、ちょうど子宮に電磁波が集中的な影響を与えてしまうとか。
そしてそれが直接的な原因となり、胎児の健康に非常に大きな影響が出てしまいがちと警告していました。
だから、特に妊娠中は注意しなければ…ということでした。
電磁波は免疫が弱い胎児や幼児、子供には大きな悪影響を与えるためです。

続きを読む http://blogs.yahoo.co.jp/shhjn017/40034075.html

電子レンジは電磁波発生器

便利の裏には危険がいっぱいかも。もうずいぶん古い話ですが、ある家電メーカーが「電子レンジ」を開発するときに、Bさんはそのプロジェクトに料理研究家として参加し、数多くのマル秘の実験データを直接目にすることができました。そこで彼女は、電磁波の危険性を嫌というほど実感させられたとのことでした。

以来、Bさんはことあるごとにそのことを強調したにもかかわらず、便利な電子レンジはあっというまに全国に普及していきました。しかし危険性はそのままで、電子レンジが危険であることを、多くの主婦たちが知らないままに毎日使っています。・・・電磁レンジの電磁波はその回りに漏れ出しているのです。

実は大きな問題点はここにあるのです。
つまり便利、快適性だけを強調して危険性を全く知らせない・・・ことなのです。

なぜならば、予め危険性を承知していれば避けられる危険もあるからです。
電子レンジにこのような危険がある事をしっかりと知らせて、使いかたを工夫すればその危険を最小限に出来るというのが正しい事のように思えるのですが・・・。

電子レンジなどの電磁波は私たちの自律神経を狂わせます。
それによって健康を損ねる危険性を持つものです。

続きを読むhttp://blogs.yahoo.co.jp/shhjn017/39995003.html

電磁波過敏症が治った体験

夥しい電化製品、車、モーター、電波塔など増える一方の現代社会では、これから益々電磁波過敏症が問題になるのは間違い有りません。皆さんご注意くださいね。

電磁波過敏症とは、微弱な電磁波を体に浴びることで頭痛、腹痛、めまい、吐き気などを感じてしまう症状のことです。電磁波過敏症の特徴は、最初に目、皮膚、神経に症状が現れてきます。
そして次に呼吸困難や動悸、めまいなどの症状が現れてきます。また、疲労感や短期的な記憶喪失、手足のしびれやまひが起こってくる人もいます。

【ある女性の体験談】
・・・私は5年ほど前から過呼吸症候群、パニック症候群、不眠症、めまい、肩こり、筋肉痛、血行不良、四肢のしびれ、記憶力の低下等々の症状で病院に通ったり、漢方薬などを試しましたが、改善されませんでした。

2年ほど経ってそれが電磁波過敏症ではないかと思い、電磁波の出る家電などは避けて生活を続けていました。携帯電話は全く使用できません。使用中の電子レンジには近づくことも出来ません。パソコンはもちろんダメです。本当にこのままどうなる事かと思いながら生活していました。
しかしchipを使用するようになって、今では携帯電話も使えるようになりました。
今での生活が嘘のように体調を取り戻しました。

関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。