最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

電子レンジで加熱した食材を食べると、活性酸素が増える!


抗加齢実践家てるの日記様より<一部転載>

電子レンジの電磁波は強烈

私は96年から自宅での電子レンジの使用をやめ、外でも自分選べる場合は電子レンジは使っておりません。

外食などで厨房が見えない時は使ったものを食べているかも知れません。

加熱、つまり熱を加えるという事は、物質の構成分子の分子運動を大きくすることです。
やかんでお湯を沸かす時には、やかんの底から炎などのエネルギーを与え水の分子運動を大きくしているということです。
温度が高いほど分子運動が激しい状態になっているというわけですが、このため物質は体積が膨張することになります。
水はある程度分子運動が激しくなると、もはや分子間引力で水分子同士がくっついていられなくなり、自由に飛び回る様になります。
これがいわゆる沸騰(蒸発)です。
お湯に触って熱いと感じるのは、お湯のもつ分子運動のエネルギーが指先の神経を刺激したためです。
水分子はその立体構造からプラスとマイナスの極があるように見ることができます。水分子の大きさから決定される共振周波数がありますが、外からその周波数と同じ周波数の電磁波を与えると、水分子の持つ極性のおかげで物理的に向きの反転や回転といった激しい動きをするようです。1秒間に何億回もするようです。(通常の電子レンジは2.45GHz ですから2.45億回振動します。)これほど激しい水分子の動きは自然界ではなかなか発生しないものです。この動きのための分子同士で激しい摩擦がおき、また直接振動し、その振動が今度は水分子以外の加熱対象物の構成要素全体にまで振動数の増加や振幅の増加として伝えられると、いわゆる「温度が上がった」ということになります。
 
問題は、このような分子の向きの反転や回転といった自然界では発生しない、ものすごく高速な激しい動きにあるようです。
電子レンジ(水分子のマイクロウェーブヒーティング)では、加熱した食材の分子がひどく“損傷”を受けていると言えるようです。
以下、参考記事です。

========================================================================================
普通の加熱方法では、分子の振動数や振幅が増加することにより熱を帯びるが、電子レンジ(マイクロ波加熱)では原子、分子、細胞が一秒間に何億回もその局性を反転したり回転したりする摩擦により加熱することにより、このような激しい破壊力に耐える有機細胞は存在せず,構造異性体ができてしまう。具体的にはある過酸化水素(活性酸素の仲間)と一酸化炭素が作り出される。
電子レンジ料理の有害な影響は、食生活における有害な人工添加物のリストに加えることもできるはずであるが、既成の権力はこのような仕事に着手しようとしない。

ミネソタ大学の報告で、「電子レンジで哺乳ビンを暖めると中の乳成分が僅かに変化する。乳児用の人工乳の場合、ビタミンのいくつかが破壊される。また母乳の場合、必要な栄養素の一部が破壊される。」ということを聞いたジャーナリストのトム・バレンタインは、誰かが、これまで知られていない電子レンジの危険性を調べる必要があるのではないだろうかと考えた。(ある訴訟事件)

1991年初頭、ノーマ・レビットという女性が、臀部の外科手術を受けた。ごく簡単な輸血が失敗し、彼女は死亡した。
このとき、看護婦は、電子レンジで輸血用の血液を温めていたという。(ハンス・ヘルテル)
スイスの食品会社の食物科学者であるハンス・ヘルテルという人物が、こうした分子がひどく損傷を受けた食べ物は人間の血液と免疫機能に異常な変化を起こしている、ということを調べている。
ハンス・ヘルテルは人間の血液と生理学の観点から電子レンジの影響について調査し、電子レンジは食物の中の栄養素を変化させ、それを食べた者の血液にも人体組織の悪化を引き起こすということを突き止めている。
ヘルテルの行った実験は、被験者はアメリカ人1人,カナダ人1人、6人のヨーロッパ人でスイスのキエンテルにある正食法の実践者で20代から30代とハンス・ヘルテル自身64才で、8週間,同じホテルに泊まり実験を実施した。
実験はスイス連邦研究所と生化学大学研究所のバーナード・H・ブランクとともに進め、ジャーナリストであるのトム・バレンタインという人物が、この研究結果を「健康の追求」(Search for Health)92年春号に発表。続く情報は同誌次号、または「エーカーズ」(Acres USA)で読むことができる。
与えられた食事は、
 1.有機農場の生牛乳
 2.普通に暖めた生牛乳
 3.インターミルクバーンの低温殺菌牛乳
 4.電子レンジで暖めた生牛乳
 5.有機農場から取れた生野菜
 6.普通に料理された野菜
 7.凍らせてから電子レンジで解凍された生野菜
 8.電子レンジで料理された野菜
である。
電子レンジ料理を食べたあとに測定された血液検査の結果、貧血と同じ症状を示すようである。
コレステロール値は反対に増加している。
実験が繰り返されるに従い、血液の基準値の変化は統計学的にはっきりしてきた。
電子レンジで料理されたものを食べると、ヘモグロビンとその平均濃度、平均含有量は、際だって減少する傾向が見られる。
白血球は電子レンジ料理を食べたあと顕著な増加。
電子レンジ解凍生野菜を食べたあとでは、コレステロールが著しく増加。
 
白血球は通常、生命システムで細胞を傷つける病原の存在を知らせるサインで、本来、何を食べたかを表すものではない。
また、血液中のコレステロールの急な増加は本来強いストレスにより起きるものであるはずが、電子レンジにより解凍されただけのコレステロールを含んでいない野菜を食べたことにより起きている、ということが発見された。
バーナード・H・ブランクとハンス・ヘルテルが、これらの研究結果を発表すると、貿易組織であるスイス電気製品販売連合(FEA)がセフティゲン裁判所の所長、カントン・ベルンに対して、ヘルテルとブランクに対して「公表禁止令」を出すことを請求した。
しかし、ヘルテルは、すでに電子レンジ料理がもたらす血液の異常について認めた上で、研究の有効性について見解を書物におさめていたのである。

                      続きを読む

関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。