最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

聖書の暗号

聖書の暗号における福島のこと。 ← 是非ここをクリックして下さい。

福島(地震・津波・原発)①
http://3rd.geocities.jp/sc4ojy12/fukushima1.pdf  <一部転載>

旧約聖書、ヨブ記上のスキップにより出現したキーワードは、

「待ち伏せ」「お金・財産」「犯罪・悪事」「作り話・嘘・偽り・捏造」「株式」「不正な」「猛攻・強襲」
「老朽化」「テロリズム」「ユダヤ人」「秘密・隠蔽」「略奪」等である。どうにも物騒なキーワードの羅列だが事実である。
全体からは、この大災害がどうも人工のもののような臭いが漂う。首謀者は「○○○人」なのか?これは「テロリズム」であ
り、目的は「株式」操作などでの「お金・財産」の「略奪」なのか?手段は「待ち伏せ」であり「不正な」「作り話・嘘・偽り・捏
造」をもって「犯罪・悪事」を「猛攻・強襲」したのか。しかも完全な「秘密・隠蔽」を実行して…。原発は「老朽化」していた。

Ⅵ聖書の表面テキストとの交差箇所

最小スキップ2036

ヨブ記

27:19 寝るときには豊かであっても、それが最後/目を開けば、もう何ひとつない。
30:15 死の破滅がわたしを襲い/わたしの力は風に吹きさらわれ/わたしの救いは雲のように消え去った。
32:11 わたしはあなたたちの言葉を待ち/その考えに耳を傾け/言葉を尽くして論じるのを聞き
34:29 神が黙っておられるのに/罪に定めうる者があろうか。神が顔を背けられるのに/目を注ぐ者があろうか/国に対
してであれ人間に対してであれ。
37:16 あなたは知っているか/完全な知識を持つ方が/垂れこめる雨雲によって/驚くべき御業を果たされることを。
39:24 身を震わせ、興奮して地をかき/角笛の音に、じっとしてはいられない。
42:8 しかし今、雄牛と雄羊を七頭ずつわたしの僕ヨブのところに引いて行き、自分のためにいけにえをささげれば、わた
しの僕ヨブはお前たちのために祈ってくれるであろう。わたしはそれを受け入れる。お前たちはわたしの僕ヨブのようにわ
たしについて正しく語らなかったのだが、お前たちに罰を与えないことにしよう。」
【解説】
この大災害の状況そのものの状況を表している。民の財産も一夜にして消え去たった。それは大災害を通して民の覚
醒・立ち返りを願う神の心である。今、警告の角笛の音を聞く者は幸いであろう。民が悔い改めれば「お前たちに罰を与え
ないことにしよう。」と主は言われるから。

この文章の上にはこんな言葉達が現れて来ていたのです。
待ち伏せ(して襲うこと)
猛攻, 強襲
犯罪・悪事
老朽化老朽化老朽化老朽化した
した作り話・嘘・偽り・捏造
秘密・隠蔽
お金・財産
株式
ユダヤ人
略奪する
テロリズム
不正な


聖書の暗号というこの不思議な現象を説明すると、「神の数学」になるのではないかと思う。

  神の数学

澄んだ響きが 遠く永遠へと広がっていく
そこには一瞬と永遠が存在している


風がなくては飛べない小鳥  
小鳥の目には 見えないけれど
つばさは 風の友達


一時間一時間の積み重ねが
大きいって? 
それ変じゃん!
もうすぐ0時だぞ?


赤 緑 青 を合わせると白くなるもの な~に?
光!

赤 青 黄 を合わせたのに
不思議ねぇ 
どうして黒くなるの?
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。