最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

緊急朗報 山林の放射線量が0に!!

藤原直哉さん。より<転載>

複合発酵による耐放射性細菌の微生物触媒が放射線量を0に!!


昨年度より福島県川俣町山木屋での5000坪の牧草地の除染の結果を経産省にご報告してありますが、本年4月に民間レベルでの公式な機関において核種分析したところ対象地と比べて80%~93%軽減していることが明らかになりました。この間放射性物質の空中飛散が継続しておりますがそれにもかかわらず実証地では確実に放射性セシウムが軽減しているのです。

<山林の放射能の除染について>

今年度に入って茨城県高萩市下君田の山林を山林主の佐川安宏氏に依頼されて、高嶋博士が本年5月30日に山林の複合発酵による耐放射性細菌の微生物触媒・生物触媒の科学技術を用いて川俣町山木屋と同様に放射能汚染の除染をしたところ、除染前の山林での放射線量が110~140cpmでありました。第1回の測定は5月30日のバイオ処理の当日に40~60cpmに軽減し、第2回目の6月1日の測定では23~50cpmに軽減しました。

本日6月5日、山林の放射能汚染の除染と浄化の状況を資料化とデータと写真、最終的に動画で上記検証者により確認と実証と証明をいたしたく、①山林主の佐川氏、②近隣山林主の鈴木氏、③福島県有志の小野氏、④記録撮影者でプロの映像作家の島田氏とで現地に入り、撮影と記録を始めたところ、放射線量の測定値が「0」のところが何ヶ所も記録されました。

a写真とbデータとc動画にて上記の検証者により確認しておりますので、写真・データをご覧ください。確認をした人達がこの現実を驚嘆して興奮し、プロの映像作家の島田氏は、「歴史的瞬間に立ち会えて幸せです」と言われ、全員喜びでいっぱいでした。

ⅰ)山林主の佐川氏は「本当に素晴らしい。これで山林も高萩市民も高萩市の水道も救われます。」
ⅱ)近隣山林主の鈴木氏は「これはすごい!!山林内の土壌が素晴らしく良いです。この土地なら白菜が作れますね。素晴らしい白菜ができると思います。高嶋博士の科学技術が農業を変えてしまいますね!!」
ⅲ)福島県有志の小野氏は「こんなに早く放射線量が0になるなんてすごい!!」
ⅳ)記録撮影の島田氏は「凄いですね!!初めての体験です。もしかすると歴史的瞬間に立ち会えたのではないでしょうか!!」
A地点「0」cpm B地点4cpm B地点「0」cpm


微生物触媒による軽減の状況
以上のように検証者の皆さんは驚きと感激でいっぱいでした。この瞬間の動画と写真を撮影しましたので、データと写真をブログに掲載し、動画もすぐに編集して掲載しますので、是非ご覧ください。

高嶋博士は南相馬に微生物による放射能除染のために「放射能除染コンサルティング」と「バイオ工場・センター」「営業所及びミーティング場」の設立をし、今週・来週中にはすべての設営を終え、放射能除染事業の本格化を始め、放射能除染の実績と事実をブログを紹介しながらマスコミとジャーナリズム、TV、新聞,etcと経産省と環境省及び企業体との連携を図り、速やかに数十件から数百件の実施をし、この問題の解決を行う所存です。なおこの事実を、アカデミーを通じ世界の科学雑誌に掲載する予定です。
宜しくお願いいたします。



             続きを読む
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。