最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
227: by サブリナ on 2012/08/05 at 16:49:21

自分の健康は自分で護る事が一番良い事です。私の知っていた人達を見回してみても、医者任せにした人達は、医者の処方した薬の副作用で必ず廃人にさせられるか、死亡しています。

現在、病院やクリニックで広範かつ大量に使われている医薬品の主だった物の副作用を示して見ましょう。自称利尿剤のアルダクトン・ラシックスは統合失調症(発狂)の副作用が有ります。胃潰瘍患者用の食欲増進剤とされるアルサルミンは大量のアルミニウムが含まれておりアルツハイマーを急速に進行させます。アミノ酸点滴剤の中、成長ホルモン直前物質であるアルギニン入りの物を癌患者に投与すると初期癌が瞬く間に巨大化し腹膜播種も引き起こします。血液をさらさらにすると称して投与するバイ・アスピリンは強力に胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こす副作用が有ります。そのようにして知らない内に胃潰瘍にさせられている貴方に、医者は決まって胃潰瘍で血液を失うから貧血剤・増血剤として、酷いときにはフェロミアという鉄剤の劇薬を、そうでなくてもインクレミンという鉄剤を投与します。フェロミアとは若い人でも修に1回以上呑めば実が持たない位の劇薬です。何が劇薬かというと、胃潰瘍に罹っている人がフェロミアを呑まされると度々の大量出血が胃腸から起こります。そしてフェロミア、インクレミンいずれもそれを呑み続ければ胃潰瘍を胃癌に発展させます。


医学が歴史上上げた唯一の「成果」は抗生物質により細菌を消毒し殺し尽くすと治るような病気に対してだけでした。それとても最近は細菌の進化の方が医薬品の開発より速く、あらゆる分野に耐性菌が現れて、西洋医学の最先端医薬品を翻弄しています。そもそも医学とは科学ではありません。薬を投与している間だけ症状が軽減するような事しかできない医学とは科学ではありません。慢性病の中で医学が治せる慢性病が一つでも有りますか?!有りません!!彼等が中高年の患者に対して使っている医薬品は効用1に対し副作用100の医薬品が殆どです。御注意下さい。現代医学は人体が一日に使っているエネルギー総量を25分の1に計算違いしています。実はその25倍のエネルギーを使って健康を統括している免疫系のエイコサノイド、ディフェンシンの働きを、錯覚した現代医学は完全に侮(あなど)っており、医薬品により免疫力を弱めたり殺したりする誤りに陥っています。これは「科学」として有るまじき事です。科学とは原因・結果の連鎖を特定する所にその科学たる所以が有ります。医学は実はその25倍のエネルギーを使って健康を統括している免疫系の治癒過程の原因・結果の連鎖を全く特定できていません。つまり現代西洋医学とは科学では無い事がここに論証且つ実証されました。科学でないのに科学の装いを凝らした似非科学であるにも拘らず、あれ程大きな社会的権威を付与されている現代西洋医学は誤ごう事なき打倒対象です。

似非科学=現代西洋医学を全世界規模で打倒しましょう!!

ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派論文審査員:ロシアの有名人・ドクター佐野千遥
http://free-agent-university.org/blog/?p=71

医療大麻について。抗がん作用や予防薬としての薬用マリファナの研究結果などのまとめ。大麻の利点は「マリファナは健康な細胞を傷つけることなく、ガン細胞だけを死滅できる」ということ。最近は、がんの治療に対する大麻の効果が公になる機会が増えています。
http://togetter.com/li/125064
参考まとめ
・マリファナがガン細胞を死滅させている映像 http://j.mp/xccW3g
・大麻油で末期ガンから回復したカナダ人の話 http://j.mp/Pe0DkY
・医療大麻解禁で論争(テレビ東京)
・厚生労働省の問題点を語る(東京MXテレビ)
・大麻オイルで皮膚癌を治した人の話 http://j.mp/q7QeFO
・大麻の歴史と世界の動き

▼このエントリーにコメントを残す

がんを克服するための新常識



がんを克服するための新常識様より<一部転載>

死の宣告から生還したがん患者に学ぶ! 

e-クリニックの岡本裕医学博士は、「がんを治すには、治った人から学べ」という観点から、がんの進行度がⅢ期以上(再発や転移で、投薬+放射線+手術が必要で、医師も患者も負担が高い状態)の方、つまり、死の宣告から生還された方、がんを克服した方を対象にしたアンケート調査を紹介しています。
 調査の結果、がんが治った人と、治らなかった人との決定的な違いは何かが、分かったそうです。

 それは「がんになってから、生き方を変えた」ということだったのです。とは言っても特別なことをした訳ではありません。ここにがん克服の秘訣があるようです。
 食事を玄米菜食を中心に変えたり、軽い運動を心がけるなど、ライフスタイルを切り替えたことが、がんの克服につながったと言っているのです。

 がんを治すためには、患者本人の栄養状態が改善され、自己治癒力(免疫力)がアップしなければ、やはり、がんの再発や転移は避けられません。
 
がん克服は生き方! 続きを読む

癌から回復した方のお話
http://www.gan-jiten.com/more/04/6.html
ガンが大きくなると、中心部は低酸素という細胞が生きていくのには過酷な環境が生じる。このような状況でガンはHIF-1という遺伝子を発現させる。HIF-1が働くと普通の細胞が対応できない低酸素環境でも生き抜くことができるだけでなく、ガン細胞の移動能力にも関与する。HIF-1によって強力になったガン細胞は、抗ガン剤や放射線にも耐えられるようになり、浸潤や転移に都合がよい性質に変化する。

HIF-1は低酸素状況で生育しなければならない初期胎児に発現する遺伝子で、海と陸を生き来した動物にとっても重要であった。進化の過程でずっと保存されていた遺伝子だとセメンザ教授は語る。この他にもガンは100以上の遺伝子の機能に影響を与えるという。

癌の患者学研究所さん。
http://www.naotta.net/nakama/nakama2.html
「ガンになる以前よりも、心身ともに健康で幸せ」という意味。みなさんがそんな人生を実現できるよう活動しいます。



大変分かりやすく面白いです。
調べてみると沢山のブログができているんですね。以前どこかで、身体、食べ物、身の回りにある全ての存在に感謝してありがとうと言っているなかで、癌が消えたというブログを見たのですが、気になって調べています。
いまだ、見つかっていません。


関連記事
コメント
227: by サブリナ on 2012/08/05 at 16:49:21

自分の健康は自分で護る事が一番良い事です。私の知っていた人達を見回してみても、医者任せにした人達は、医者の処方した薬の副作用で必ず廃人にさせられるか、死亡しています。

現在、病院やクリニックで広範かつ大量に使われている医薬品の主だった物の副作用を示して見ましょう。自称利尿剤のアルダクトン・ラシックスは統合失調症(発狂)の副作用が有ります。胃潰瘍患者用の食欲増進剤とされるアルサルミンは大量のアルミニウムが含まれておりアルツハイマーを急速に進行させます。アミノ酸点滴剤の中、成長ホルモン直前物質であるアルギニン入りの物を癌患者に投与すると初期癌が瞬く間に巨大化し腹膜播種も引き起こします。血液をさらさらにすると称して投与するバイ・アスピリンは強力に胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こす副作用が有ります。そのようにして知らない内に胃潰瘍にさせられている貴方に、医者は決まって胃潰瘍で血液を失うから貧血剤・増血剤として、酷いときにはフェロミアという鉄剤の劇薬を、そうでなくてもインクレミンという鉄剤を投与します。フェロミアとは若い人でも修に1回以上呑めば実が持たない位の劇薬です。何が劇薬かというと、胃潰瘍に罹っている人がフェロミアを呑まされると度々の大量出血が胃腸から起こります。そしてフェロミア、インクレミンいずれもそれを呑み続ければ胃潰瘍を胃癌に発展させます。


医学が歴史上上げた唯一の「成果」は抗生物質により細菌を消毒し殺し尽くすと治るような病気に対してだけでした。それとても最近は細菌の進化の方が医薬品の開発より速く、あらゆる分野に耐性菌が現れて、西洋医学の最先端医薬品を翻弄しています。そもそも医学とは科学ではありません。薬を投与している間だけ症状が軽減するような事しかできない医学とは科学ではありません。慢性病の中で医学が治せる慢性病が一つでも有りますか?!有りません!!彼等が中高年の患者に対して使っている医薬品は効用1に対し副作用100の医薬品が殆どです。御注意下さい。現代医学は人体が一日に使っているエネルギー総量を25分の1に計算違いしています。実はその25倍のエネルギーを使って健康を統括している免疫系のエイコサノイド、ディフェンシンの働きを、錯覚した現代医学は完全に侮(あなど)っており、医薬品により免疫力を弱めたり殺したりする誤りに陥っています。これは「科学」として有るまじき事です。科学とは原因・結果の連鎖を特定する所にその科学たる所以が有ります。医学は実はその25倍のエネルギーを使って健康を統括している免疫系の治癒過程の原因・結果の連鎖を全く特定できていません。つまり現代西洋医学とは科学では無い事がここに論証且つ実証されました。科学でないのに科学の装いを凝らした似非科学であるにも拘らず、あれ程大きな社会的権威を付与されている現代西洋医学は誤ごう事なき打倒対象です。

似非科学=現代西洋医学を全世界規模で打倒しましょう!!

ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派論文審査員:ロシアの有名人・ドクター佐野千遥
http://free-agent-university.org/blog/?p=71

医療大麻について。抗がん作用や予防薬としての薬用マリファナの研究結果などのまとめ。大麻の利点は「マリファナは健康な細胞を傷つけることなく、ガン細胞だけを死滅できる」ということ。最近は、がんの治療に対する大麻の効果が公になる機会が増えています。
http://togetter.com/li/125064
参考まとめ
・マリファナがガン細胞を死滅させている映像 http://j.mp/xccW3g
・大麻油で末期ガンから回復したカナダ人の話 http://j.mp/Pe0DkY
・医療大麻解禁で論争(テレビ東京)
・厚生労働省の問題点を語る(東京MXテレビ)
・大麻オイルで皮膚癌を治した人の話 http://j.mp/q7QeFO
・大麻の歴史と世界の動き

▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。