最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

中国における排日の歴史。

しばやんの日々様。

中国全土に及んだ「排日」がいかに広められ、誰が利用したのか~~中国排日4
<一部抜粋>

国民党は宣伝で政権を取っただけに、宣伝はお手のもので、ポスターに漫画に、市内の壁という壁、高い塔、町の入口、すべて排日の文字ならざるはなく、…

紙幣にも排日の二字が印され、商品にも排日の文字があり、民衆は足一歩出づれば、眼に見るもの耳に聞くもの、すべて排日ならざるはなく、長い間には無意識の間に排日思想が民衆の頭に刻み込まれて行った。…

排日教育については国民党のやり方は徹底していた。国民政府内に教科書の編纂委員会が出来、その方針を決定し、編纂を管理するにいたったから、排日教育は政府により行わるることとなった。国民党は自ら排日を行ったほか、その指導下に反日会なる排日実行団体が生まれ、これを通じて全国小学校に向け、たえず排日の教材を配布し、その他童謡に童話に、児童劇に、悉く激越な文字を羅列し、児童の頭に排日を植え付けて行った。…

かくて学生から商人へ、労働者へ、小学生へと広まっていった排日思想は、この事変[支那事変]により都市から農村へと拡大され、且つ事変の過程を通じて極めて深刻となり先鋭化しているから、現状においては日支親善の如きは一つの口頭禅[口先だけの念仏]で、如何にして尖鋭化した抗日思想を多少緩和するかくらいで、日支の感情融和の如き、一朝一夕のことでない。」(同上書 p.333-337)

続きを読む

第一次大戦以降、中国の排日運動を背後から操ったのはどこの国だったのか~~その1

米英が仕掛けた中国の排日運動はそれからどうなったのか~~中国排日その2

中国の排日が我が国を激しく挑発するに至った経緯~~中国排日3

当時の米人ジャーナリストは中国排日の原因をどう記述しているか~~中国排日5

蒋介石はなぜ外国人居留地であった上海で日本軍と戦ったのか~~中国排日6

プロパガンダでわが国に罪を擦り付け、世界を「反日」に誘導した中国~~中国排日7
「南京大虐殺」の真実を追う~~中国排日8
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。