最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

おやじが次々死んでいく怖すぎる現実

ずくなしの冷や水様より<転載>

おやじが次々死んでいく怖すぎる現実


福島第一原発事故後1年を経過したころから女性の突然死、20代、30代、40代の方の突然死も報じられ始めた。幼児、中学生、高校生、大人、老人と、もう無差別だ。放射能との関連など確認できない情報も多いが、これらの急死の事例を見ると、内部被曝、外部被曝どっちも要因になるようだ。最近は脳腫瘍の症例も。とてつもなく怖い。亡くなられた方のご冥福をお祈りしたい。

彫刻家、東海大教授の神山明氏が2012年12月24日、心不全のため死去。59歳。

Pay money To my PainのボーカリストKこと後藤慶氏が2012/12/30朝、急性心不全のため横浜市内の自宅で逝去。享年31歳。

芝崎久美子氏(チェンバロ奏者)が2013/1/6、肺がんのため死去、51歳。

石川洋氏(NHKアナウンサー)が2013/1/6、病気のため死去、53歳。

プロゴルファーの佐々木久行氏が、心不全のため滞在中のタイ・バンコク市内のホテルで急死したことが1/3分かった。48歳だった。

木下黄太のブログ、2012/12/31の記事から
コレステロールは高め、他には持病なし。60代女性が、入院中の夫の見舞いの帰りに、突然死。虚血性心筋梗塞。苦しまず一瞬で心肺停止、最近多いと言われたらしい。バスの終点で、寝てるように亡くなっていた。2012/12/29、埼玉県浦和。

木下黄太のブログ、2012/12/23の記事から
都心麻生辺りに住むいろいろな活動に従事し、食べて応援志向でよく寿司を食べていた60歳過ぎの男性が心臓の障害で急死。

木下黄太のブログ、2012/12/15の記事から
2012年の秋、もともと水戸在住でつくばにもいた、31歳の独身男性が心臓の疾患で突然死。放射能のことは、この方の周囲も全く気にしていないと。

歌舞伎俳優の中村勘三郎氏が12/5、急性呼吸窮迫症候群のため亡くなった。57歳だった。

木下黄太のブログ、2012/12/03の記事から
東京の有名企業の40代の男性社員、徹夜で仕事をしていて、朝、机で寝たままの状態で、こと切れていたそうです。

ぬまゆのブログ、2012/11/12の記事から
「 ハゲ友 」 の ・・・ 彼女の お父様が、「 突然死 」 なさいました。本当に 突然で、もう、何が何だか、分からないという状態だったそうです。元気な方でした。心筋梗塞でした。

木下黄太のブログ、2012/10/28の記事から
2012/10、我孫子在住の小学校の低学年の男の子がくも膜下出血で死亡。

2012/9/16、西宮伸一駐中国大使(60歳)が死去。9/13朝に東京都内の自宅を出たところで倒れて入院、治療を受けていた。

2012/7/28、漫画家の中野純子氏急死。45歳、死因は虚血性心疾患と週間ヤングジャンプ。

yachi ‏@naive3氏(福島県双葉郡出身)の2012年7月4日 - 1:06のツイートから
「地元の校長先生が心筋梗塞で亡くなりました。50歳でした。健康で今まで異常はみつからなかったそうです。放射能との因果関係はわかりませんが考えてしまいます。」

葉茶 ‏@mechako氏の2012年6月27日 - 9:06のツイートから
「道東です。友人のご主人、義実家近所の息子さん、いずれも三十代男性突然死。過労で片付けられてます。産まれたばかりの子達がいるのに。。。持病はなかったそうです。三十代ってこんな風に不幸重なる年代でしょうか?」

俳優の渡辺徹氏が6/8、都内で会見し、4月中旬に心筋梗塞を患い手術していたことを明かした。身体の異変に気づいたのは今年3月半ば。仕事のロケ中に妙に疲れやすくて、階段を上がってすぐに息が切れる感じになり、病院で血液の造影検査をしたら、心臓の冠状動脈が完全に詰まっていたと。10年ほど前から持病の糖尿病も患っていたという。

マーちゃん ‏@konoyooikiru氏の2012年6月6日 - 20:40のツイートから
「勤務先で最近同僚3人の姿を見かけなくなった。それぞれ所属のスタッフに聞いてみると3人とも病気療養と判明(千葉県)。勤務先で知人の身内を含めた突然の訃報。千葉3人、茨城1人、埼玉1名 、東京1人、合計6名。死因は心筋梗塞、心臓動脈解離、脳内出血など。」

makoto-makoto ‏@makotomakoto1氏の2012年6月4日 16:00 のツイートから
「群馬の友人の職場で311以降の半年程度で6人の方が亡くなりました。100人もいないような所ですよ。でも放射性物質との関連性は証明されません。」

木下黄太のブログ 2012-06-02 03:49:38の記事から
「柏市在住の26歳の女性教諭が、数日前に脳梗塞で突然死されたそうです。朝布団の中で亡くなっていたそうです。勤務先は我孫子市でした。」

樋口なみ(文子)(@nmfmk)氏の2012/05/15 21:41:19のツイートから
「43才知人の脳腫瘍急死、に続き知人の脳卒中緊急入院、そして30才の後輩の腎臓疾患緊急入院にとどめを刺され、疲れても冷えてもいないのに急に発熱して倒れた。」Location:千葉流山より12.2横浜へ

TONY ‏@tonyenso氏の2012年5月22日 - 11:54のツイートから
「郡山市役所の中堅係長が、朝早く心筋梗塞で亡くなった。震災原発被害対応で苦労したんだろうな。可哀想に。」

2012/5/22 20:19ぬまゆのブログから
今日の夕方に、郡山市に住んでいらっしゃる方と、電話でお話ししました。その方の周囲にいらした「突然死」をされた方々は ・・・
★ 昨年6月に・・・ 高校3年生が、風邪か何かで総合病院に通院し、そして、入院し、たった2週間で、亡くなられました。
★ 昨年7月に・・・40代(女性)50代(男性)
★ 昨年6月に(1人)・・・7月に(2人)・・・12月に(1人)
★ 昨年12月に、「風邪」で入院していた方が、「肺炎」で亡くなりました。
★ 今年の4月に・・・(21歳)の方が、夜に「眠ったまま」亡くなっていました。
あまりにも身近な方々の「突然死の続出」については、わたくしに、語ってくださった方も、【こんなこと、体験したことがない】とおっしゃっていらっしゃいました。「不審死」については、通常、「行政解剖」が、行われます。しかし、それすらも、「行われなかった」ということです。
その方は、直接、「保健所」へ行ったそうです。すると、返ってきた言葉 は・・・【少し、(死亡した方が)多いね】・・・だけだったといいます。

よこちゃん@名古屋 ‏@nekodamari2010氏の2012/5/18のツイートから
「長男の隣のクラスの男子が原因不明の突然死らしい。朝起きてこないと思ったら死んでたって。さっき聞いた(T_T)高校二年なのに…。」

神奈川県のThe Don Killuminati (@Makaveli0001)氏の2012/05/15 09:21:22のツイートから
「他部署の男性39才 心不全で突然死です。 何回か言葉を交わしたことあります。 昨日は出勤し朝、出勤してこないので 電話をしたところ起きてこないので奥様が見に行ったら亡くなっていたそうです。」

pyrite (@Pyraite)氏の2012/05/12 23:04:20のツイートから
「知り合いの姉の夫(神奈川県在住50代)が心筋梗塞で車の運転中に突然死したという連絡が」

福島原発35氏の2012年5月8日 - 7:39のツイートから
「田村市です。昨日、近所のおじさんが朝、静かに亡くなってました。前日まで元気だったのに。。原因不明。」

2012/5/3、郡山市の仮設住宅で富岡町から避難していた58歳の1人暮らしの男性が死亡しているのが発見された。男性は居間であおむけに倒れていて、部屋の電気はついたままだった。病死とみられる。(日本テレビニュース 2012年5月4日 11:57)

MORIMORIKIDS 氏の2012.04.28 22:04のツイートから
「長野マラソンに出場した長野市在住の友人の知人60歳が途中で心筋梗塞で倒れ入院中。仕事の後に10キロ走るほどの頑強な人で周囲がびっくり。」

YUMA0317氏の2012.04.28 23:00のツイートから
「桐生の知り合いが今月初めに心筋梗塞で亡くなっていた。まだ50になったばかり。ショックなのは、その友達の同級生も昨年亡くなってる、同じ心筋梗塞。彼は災害の有った所に行く民間の仕事をしていた。」

ikahachiro0205 氏の4/19のツイートから
「昨日、茨城県内の、建築業者の方からお話を聞きました。昨年から建築業界職人さんの体調不良、心筋梗塞等の心臓系の病気の方が多いと。ご本人も、現在検査中と」

Dragon AshのベーシストIKUZONEこと馬場育三氏(46歳)が4/21日夜に自宅スタジオで倒れているところを家族に発見され、病院に救急搬送されたが、平成24年4月21日 午後10時55分、急性心不全のため東京都内の病院で死去。

東北大学教授加速器放射線科学の山崎浩道氏(58)、脳内出血で死去。東日本大震災後、丸森町で除染や手法の研究などにあたった。(朝日新聞2012/4/10)

2012/4/5、千葉県八千代市東京女子医大八千代医療センター内の道路で、近くに住む無職、進藤久勝さん(65)運転の乗用車が、植え込みや歩道を乗り越え、敷地内にある薬局の外壁に突っ込んだ。進藤さんは別の医療機関の紹介で、同センターに向かう途中だったとみられる。事故直前、車内で心筋梗塞を起こし、急死した可能性があるという。(4/5 毎日新聞)

「知り合いの知り合いの知り合い、つまり全くの他人が4人も3月に亡くなりました。52歳女性、17歳女子高生・陸上部、40代女性、60代女性・たしか、足に障害があったような・・・。」(「福島県は「死灰の街」となった」2012年04月03日の記事から)

「ご報告・・・ずいぶん前に話題になった津島に避難された方10名の方の健康被害確認。本当でした。別の方々も被曝による健康被害、次々と出ています。 中高生の心筋梗塞・脳溢血。分かっているだけで、8名がお亡くなりになっています。被曝による被害が静かに広がっています。御注意下さい。」(momo氏のツイートから 4/2)

「俺の近辺でも30-40の人が二人立て続けに心筋梗塞で亡くなっている。放射線由来で無ければ良いがね」(正博【稼働原発のこり一発!】 氏のツイートから 3/31 宝塚在住)

「遂に身近な所に。近所に住む教師の方。教師仲間、現役体育教師三人が相次いで亡くなったと。いずれも五十代。心不全や脳梗塞らしく。」(gatagata123氏のツイートから 3/30 北関東在住)

「大阪でも同級生40歳が最近心筋梗塞で亡くなりました。昨年末くらいから僕の周りには心筋梗塞での急死が多い。その人が気にしていたかどうかは分かりませんが、近所でも70前半姉妹2人が一日違いで急死しました。」(Hide Eishu-M氏のツイートから3/30)

東日本大震災では発災以降、心不全をはじめ、ACS(急性冠症候群)、脳卒中などの循環器疾患が有意に増加していた。特に心不全の増加は、過去の大震災疫学調査では報告例がなく、東日本大震災の特徴の1つであることも浮かび上がった。東北大学循環器内科学の下川宏明氏が、3月18日まで福岡で開催されていた第76回日本循環器学会で発表した。2008年から2011年6月30日までの救急車搬送のデータに基づくもの。(乖離のブログ2012-03-26 19:56:40から)
・・・この報告自体、そしてこれに対するコメンテーターのコメントでも放射能との関連は言及されていない。

3/27、大沢幸夫日高市長(73)が執務中に心肺停止状態で倒れ、同市内の埼玉医大国際医療センターに緊急入院したが、3/31心筋梗塞のため死去。(3/31毎日新聞)
・・・日高市は、入間市、所沢市、狭山市、飯能市に次ぐ狭山茶の産地。狭山茶も強く汚染されていた

3/24、午後0時55分ごろ、石川町(いわき市と白河市の間にある)の県道で、同町の無職鈴木健一さん(61)の軽トラックが横転。鈴木さんは同町の診療所に運ばれたが、死亡した。石川署によると、死因は心臓疾患。

猫山太郎氏のツイートから3/21
「うちの会社でも30歳代~40歳代が7名死去。2名心筋梗塞。」

栃木県大田原市で3/20、ビジネス誌「プレジデント」元編集長で同県那珂川町矢又、文筆業、樺島弘文さん(56)が用水路に転落し、搬送先の病院で死亡が確認された事故で、県警大田原署は3/21、死因が急性虚血性心不全による病死と判明したと発表した。
・・・那珂川町は文部科学省のモニタリングではセシウムの降下沈着が多いところではないが、2012/5までの人口自然増変化指数は 0.25で県下3位の高さ。

3/20午前11時ごろ、福島第1原発事故の警戒区域に指定されている浪江町で、重機を区域外に持ち出すために許可を受けて入域していた50代の女性が倒れ、救急車で同県南相馬市の病院に搬送されたが、午後1時に死亡が確認された。

伊達市長仁志田氏は、3月14日20時40分頃、自宅において自覚症状があったため、北福島医療センターを受診。急性心筋梗塞と診断され、県立福島医大に救急搬送。同日23時過ぎに検査及びカテーテル治療及び薬剤治療を行い、治療期間は2週間程度と診断された。その後、CCUで経過観測をしていたが、19日14時に一般病室に移る。(伊達市HPから)

2012/3/18にツイッターに書かれた情報 震災直後から福島に行って、仮設施設で臨時教師をしてた男性が、突然死。

渡辺(母子避難がんばっぺ)氏のツイートから 2/27
「福島市の高校生が三人、心筋梗塞でなくなりましたが、大々的には報道されませんでした。」

2012/2/15 取手市小文間の遊歩道で倒れていた取手市59歳会社員男性について、取手署は2/16、死亡はクモ膜下出血による病死との司法解剖結果を発表した。

2012/1月中旬 福島在住の黒人のゴスペルシンガー(60代)が死亡。死因は心筋梗塞と伝えられている。

2012/1/17 福島県広野町周辺で日本原子力研究開発機構が実施している除染モデル事業で働いていた男性(59)が作業中に死亡。

2012/1/9、福島第一原発の放射性廃棄物を貯蔵する施設で生コンクリートの流し込み作業をしていた60代の男性作業員が、急に体調不良を訴え、午後5時過ぎに亡くなった。死因は急性心筋梗塞。

2011/12/12 伊達市で日本原子力研究開発機構が実施中の除染モデル事業に従事していた建設会社の男性作業員(60)が 死亡。

2011/11月頃 佐倉市在住の62歳男性が、勤務先の東京の会社でパソコンを操作中に気分が悪くなり、死亡したとの情報がある。心筋梗塞らしい。
・・・佐倉市は、し尿汚泥から製造した肥料を市民に無料配布し、セシウムのリサイクル・リユースを行っている。

2011/10/6 福島第一原発で働いていた50代の男性作業員が死亡。

2011/10月 千葉県の汚水処理施設で、10月に入って作業員が2人も突然死。

2011/9/14 新潟で車関係の仕事(解体又は輸出)をしていた54歳の男性が突然死。

2011/8月 東京都23区内に住む37歳の男性がシャワー使用中に倒れて死亡。
・・・2012/7/13に頂戴したコメントから。住所地は3/15にプルームの中心部が通過したと見られる地域。

2011/8/28 茨城・千葉で車の関係の仕事をしていた40代男性が突然死。

2011/8/10 原発近接エリアから車の運び出し業務に従事していた本宮市内の1名が死亡。

2011/8/9 原発近接エリアから車の運び出し業務に従事していた田村市内の2名が死亡。

2011/8上旬 福島第一原発で復旧作業にあたっていた40代男性が8月上旬に急性白血病で死亡。

2011年春過ぎ 東京都江戸川区小岩近辺で持ち帰りの飲食店の店長と副店長、隣接する魚屋のおやじさんが、突然死(木下黄太のブログ、2012/12/08の記事から)
・・・「小岩近辺で2011年の春過ぎ食品販売業従事者が3人ほぼ同時に突然死との情報をどう受け止めるか」参照

2011/5/4 福島第一原発の現場で復旧作業に当たっていた60歳の男性が死亡。死因は心筋梗塞。

放射性でないセシウムをラットに与えた実験では、オスのほうに影響が出やすかったという。甲状腺ガンや白血病の前に突然死が顕在化している。

関連記事
いま心筋梗塞流行ってるから気を付けろ
内外の科学者の福島第一原発事故による健康被害に関する見解
posted by ZUKUNASHI at 13:50| Comment(7) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
怖いですね。
少し疑問なのですが原発事故発生前の突然死はどの程度の頻度だったのか気になります。
やはり突然死される方は少なかったのでしょうか。
Posted by ぽぽろ at 2012年04月28日 11:05

「突然死」をどう定義するかによりますが、そのような統計的なデータがあるとは知りません。ただ、私の成人後40年余の人生の中で身近にあった突然死は、甥の同級生(20代心臓麻痺)、職場の先輩(40代くも膜下出血2人)、糖尿病が悪化した友人、兄の同僚(50代心臓麻痺)、職場の同僚(同)でした。
Posted by ずくなし at 2012年05月01日 08:52

はじめまして。
りりと申します。
私は海外在住ですが、震災以来、放射能の怖さを周りに訴え続けているものの、理解してくれる人があまりおりません、、、。
毎年日本に帰国していた私が全く帰らなくなったのを見て、あなたが日本に帰らないくらいだから、、、と汚染問題を真剣に考えるようになった知人もおりますが、今年もまた日本に帰るのを楽しみにしている人もいて、ため息がでてきてしまいます。
私の夫はヨーロッパ人ですが、来年は帰ろう、などというのでけんかになります。
ドイツ語が分かるためドイツ制作の福島関連のニュースを見せても、そこでいくら恐ろしいことが語られていてもぴんとこないようなのです。

突然死についても散々伝えたのですが、今までにもよくあったことで片づけられてしまいます。

ちなみに私は埼玉出身ですが、狭山茶でのうがいの件は、昨年末から実施されていないはずです。
これに関してはあまりにもひどいので教育委員会にメールしたところ、暫定基準値以内で安全だったから実施したけれど、4月から基準値が大幅に下がるので実施は見合わせになった。という大変頭にくるお返事をいただきました。

ずくなし様のような方ってあまりいらっしゃらないのですか?どうして皆さん、危険に気づかれないのですか?

初めてのコメントでの長文、失礼いたしました。
これからも拝見します。
Posted by りり at 2012年05月01日 16:01

りりさん こんにちは
狭山茶のうがい、今は見合せなのですね。大手メーカーの日本茶ドリンクからもセシウム検出されていますから、「日本茶飲料は産地では今やうがい用だよ」と言って回ろうかと思っていました。
建設関係の現場仕事をしている日本茶好きの友人に日本茶飲料を断念させたら、現場の人たちの中に同調する人が出てきたそうです。そして、これはどうかと他の食品についてこっそり尋ねる人もいるとのこと。内心では心配だが、新聞などがまったく危険性を報じないので、目立つこと、突出したことはできないというところではないでしょうか。
さらに攻勢を強めていきましょう。
日本の状況は、この先、1年も経てば悲惨な状況がよりはっきりしてくるはずです。日本に帰るかどうかは、その時点でまた相談されたらいかがでしょう。今はとにかく証拠を示して危険に直面している人を説得することが急務と考えています。
私は、原発にはチェルノブイリ事故の時からさんざん悩まされた筋金入りなのです。東電に殺されてたまるかという老いの一徹が原動力です。
Posted by ずくなし at 2012年05月01日 17:10

ずくなし様
 はじめまして。
 私もヨーロッパにおります。
 毎年帰国していますが、昨年の2月にこちらに戻ってからのあの大地震、原発事故、昨年からいちども帰ってません。
 老いた母を思えば、帰らなくては、とも思うのですが、(実家は東京)これからくるかもしれない大地震、汚染された食材など思えば、ごめんね、今はちょっと足が向かないの、という気持ちです。
 母は、電話で放射能のことなど誰も気にしていないし、ここにしか住めない人間ばかりだから、仕方ないわよ、というニュアンス。
 安いからと、姉などは福島の野菜など沢山買ってくるそうです。
00(私の名)は、神経質すぎるのよ、と笑っているそうです。母は私からの話をよく聞いていて、自分の年齢ならもう何を食べてもいいと思うが、若い人や子供が生きにくい時代になって可哀相、と言ってます。戦争を知ってる世代ですから強いです。
 知人の弟さん(杉並区)が昨年8月に37歳で急死。お子さんがまだ小さいのに気の毒です。帰宅後、シャワーを浴びている最中に倒れてそのまま亡くなったと。いつも元気でいた人だそうです。
 私はお酒が好きなのでよく飲みながらネットを見ていますが、酒で死ぬのは仕方ない!自己責任、と思うのですが、若い頃から反原発の立場でしたので、こんなことでは絶対死にたくない!という気持ちは、ずくなし様と同様です。ちなみに
 私は58歳です。
 これからもブログ拝見させていただきます。よろしく!

 猫ママン
Posted by 猫ママン at 2012年07月13日 08:43

猫ママンさん こんにちは
戦中戦後を生き抜いた方々の中には、マスコミなどで流される上辺の情報に流されることなく、何が正しい情報なのか、見分ける力を持っておられる方も多いですね。
お酒がお好きとはうらやましいです。ネットドリンカーが増えているかもしれませんね。私は、めっきり酒が弱くなり、発泡酒や缶チューハイ一缶で眠くなってしまいます。
私は、喫煙癖を捨てられない意思薄弱者なので、いずれその自己責任を取らないといけないのでしょうね。ですが、がんになっても治療は求めないつもりです。死ぬときまで痛みに耐えて人生を終えたくありません。
息子が置いていったノラ育ちのネコが先か、私が先か、ネコの介護に追われる日々が近づいているようで恐れています。
37歳男性の突然死の事例を記事の中に追記させていただきました。
Posted by ずくなし at 2012年07月13日 17:33

 このサイトは、東京の家族のことが心配ででも本人達は無難に安穏に過ごしていて、そのことが余計心配なときに、いつも寄らせて頂き、東京以北の真相を確認させて頂きます。私は事故時も今も海外で、仕事で北関東に昨年夏、この冬・夏に短期で滞在しました。実感としては、何となく空気が違い、被害がありそうに思いますが、ご家族連れに安心しています。
 事故当初定年間近の東大の教授が早々に故郷の九大に移籍なさったと伺いました。最近東大の先生方が海外に、京大・九大へと移動なさっていらっしゃるようで、東大の劣化と東京以北の今後を案じています。4号機の燃料の取り出しも始まり、来年末から本格的になされるようで、何とか持って、大惨事を避けて欲しい限りです。
 突然死は、人の死としては(例えば私なら誰にも迷惑かけずに)歓迎の死かもしれません。
 海外にいますと、日本政府、この事故を起こした行政・企業への批判と自国評価の向上に使う政府があったり、とにかく日本の評価は下がり、一方で同情と事故後の現場の作業員への高評価もあります。海外にいる日本人は何が本当か国内情報は隠蔽で今一つ、海外は批判で今一つ、残るは個人的な信憑性の高い情報交換以外ないと思っています。
 それにも拘らず、東京の家族に心配を口にできないで、ネットで質問すると「放射脳」「風評被害」と無責任な発言が目に付きます。
 南相馬の沼内恵美子さんやこちらのサイトを拝見し、少し安心しています。
 チェルノ事故の被害の範囲から見て、東京以北で放射能の影響が無いはずが無いと思っています。

関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。