最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

ビッグデータの個人情報  & 個人情報ダダ漏れの国家監視・管理社会

Everyone says I love you !

マイナンバー法(国民共通総背番号制)の問題点 個人情報ダダ漏れの国家監視・管理社会

人権保障と平和マイナンバーは監視の番号 [単行本(ソフトカバー)] やぶれっ! 住基ネット市民行動 (著)

 安倍内閣は2013年3月1日、国民一人一人に番号を割り振って所得や納税実績、社会保障に関する個人情報を1つの番号で管理する共通番号「マイナンバー」制度の関連法案を閣議決定、国会に提出しました(「社会保障・税共通番号制」に係る法律。正式名称「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」)。

 この法案には野党の民主党も賛成の方向で調整しており、今国会で成立する公算が大きく、政府は2016年1月の利用開始を見込んでいます。

 このマイナンバー制度が導入されると、赤ちゃんからお年寄りまで、全国民にマイナンバーは付き、中長期在留の外国人や法人にも番号が付けられます。そして、この番号をキーにして、納税額や年金・介護の保険料納付状況などの個人データを引き出し照合するのが共通番号制の仕組みです。

 政府はこのマイナンバー制度について、各個人の所得水準や年金、医療などの受給実態を正確に把握し、効率的な社会保障給付を実現することを目的とするとしており、行政事務の簡素化、効率化や、生活保護の不正受給や脱税の防止効果が期待されるとしています。

 ところが、マイナンバー法については、以下で述べる数々の致命的な問題点があるのです。

<図解省略>

1 個人の情報コントロール権の侵害 

まず、現代社会において極めて重要な基本的人権であるプライバシー権の核心的内容は、情報主体の「事前の同意」による自己情報コントロール権にあります。そして、情報コントロール権の前提は当然のことながら、個人個人が自己情報の利用について認識し、それを受け入れていることです。

 ところが、マイナンバー法について、2011年3月におこなわれた政府の調査によれば、国民の8割以上が公表されているマイナンバー法の内容を理解していないとの結果が示されており、その後も一向に理解が進んでいるとは言えません。今、この文章を読んでおられる皆さんも、制度を十分把握しているという気持ちにはなれないでしょう。わたしも同じです。

 それにもかかわらず、マイナンバー法を施行しようとすることは、政府が個人情報の活用の推進を優先し、国民の情報コントロール権をないがしろにしているといえるでしょう。つまり、個人の力の及ばないほど国家の権能を極端に強力にしようとする発想そのものが、個人の自由と人権を軽視していることを表しています。

 兵庫では自衛隊募集の便宜を図るため、神戸市役所が自衛隊に住民登録記録を市民に無断で閲覧謄写させてしまうという事件もありました。マイナンバー制度を肯定する考え方は、国家は決して国民の人権を侵害しないだとか、公務員は決して間違えないという無謬性を信じるユートピア的な発想で、非現実的です。

総選挙の争点8 あなたは支配者に奴隷的拘束を受けたいのか、自由に人間らしく生きたいのか


2 個人情報流出の危険性 公務員による情報漏えい

更に、重要です


スロウ忍ブログ様より<一部転載>
総務省がビッグデータの個人情報保護を検証する「第三者機関」の創設を示唆。
“ビッグデータ”に蓄積された個人情報を企業の不正利用から保護するため、総務省の検討会が「第三者機関」を設けるべきだとする報告を纏めたとのことである。

5月20日 13時53分
“ビッグデータ”で第三者機関設置を - NHK

インターネットの閲覧履歴や携帯電話の位置情報などのいわゆる“ビッグデータ”をビジネスに活用するケースが増えていることから、総務省の検討会は、個人情報の保護を検証する「第三者機関」を設けるべきだとする報告をまとめました。

2013年5月20日7時24分
ビッグデータ個人情報、監視に第三者機関 17年にも - 朝日新聞

総務省の研究会が20日に、第三者機関の設置を求める報告書案をまとめる予定。これを受けて内閣府や消費者庁と調整のうえ、政府のIT総合戦略本部で組織づくりを進め、16年の通常国会にも個人情報保護法の改正案を出す方向だ。

個人情報の保護は当然必要である。だが省益にしか興味のない官僚組織が態々(わざわざ)国民のために動くとは到底思えないわけで、まぁどうせ総務省が“ビッグデータ”利権に与りたいだけであろう。総務省官僚共の天下り先となる存在意義不明な独立行政法人が雨後の筍の様に発生するだけな悪寒。言うまでもなく、天下り官僚が“渡り”で得る報酬や運営費なんかは全て国民の血税であろう。


2013年3月2日土曜日
安倍政権が“国民総背番号制法案”(マイナンバー法案)を国会提出。国民の個人情報を末端の公務員に委ねる危険性。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/03/blog-post_2.html

マイナンバー制度なんかもそうだが、程度の低い公務員なんぞに個人情報の扱いを委ねることは、猿に刃物を渡すも同然である。民間企業よりもクリティカルな情報を扱う事が多い公務員こそ、個人情報の利用を徹底的に監督すべきだと思うけどな。

続きを読む
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。