最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

中国共産党も【客家(ユダヤ十支族)】に支配された構造となっている。

団塊の世代 私はこう思う
■右も左もあるものか。我らが向くのはいつも上。■様より<一部転載>

中国で天安門事件についての検索が可能に。


▲中国のインターネットで「天安門」の検索が可能になったそうな。

 さぁ、これはなぁ—と筆者は思う。

 1960年代始め頃かなぁ、中国の共産党主導で「百花斉放」とか言われて、
自由に意見を言え—とかいう運動がなされたことがある。

 ところが、これがとんでもない食わせ物で、一種の「反逆者発見装置」となってしまった。

 自由に言いたいことを言った人間が、どんどん姿を消していった。

 上のインターネットでの「天安門事件の検索」って、「反逆者発見装置」そのものだろう。

 「天安門」とキーワードを書きこんで検索すれば、検索した個人が特定できる—仕組みに多分なっている。

 クワバラ、クワバラ—こんな「ひっかけ」にカンタンに、乗っかると痛い目にあうぞ。

 以下、新聞から抜粋。

 2012年3月26日、香港紙は、1989年6月4日に起きた「天安門事件」に対する 当局の検閲が緩められているようだと報じた。

 中国の温家宝首相が 事件の再評価を非公式に提案したとも伝えられている。

 民主化を求めて天安門広場に集結した大学生らを人民解放軍が武力鎮圧した天安門事件に対する
中国政府の見解は「反革命暴乱」。

 事件後、中国のインターネット上で 関連用語や画像を検索しても、検閲にひっかかり表示されることはなかった。

 ところが、24日に米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の記者が試しに「六四天安門事件」で検索してみると、
中国の検索サイト「百度(Baidu)」で関連画像がヒット。

 学生らに寛大な姿勢を示し、失脚した 趙紫陽元総書記を追悼する「記念館」がネット上にいくつも開設され、 趙氏を称賛する書き込みが溢れているが、これも黙認状態のようだ。

 こうした変化について、北京の学者、張耀傑氏は 「中国政府が故意に検閲を緩め、民意を試しているのかもしれない」と指摘。

 秋の中国共産党第18回全国代表大会(十八大)後に「政治改革」が本格化するとの見方が 広まっていることから、「まずはこの最大のタブーから着手しようとしているのでは」との考えを示した。

続きを読む

客家と中共達人さんの掲示板より

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs?from=bbsticker<転載開始>

客家はハッカとも呼ばれます。中国のマイノリティ部族で多くは華僑となり子孫を増やし客家同士では借用書などはないのです。仏領ポリネシアタヒチのアティマオノゴルフ場はもともと繊維工場でそこに生活の糧を求めて集まった客家たちは工場の倒産にあっても帰る旅費などはなくそこにいついて現在のタヒチ経済の中心となっています。李家は客家でシンガポールのリー・クアン・ユーもそうです。サンカと同様ある勢力が成り上がらせたのでしょう。

http://ameblo.jp/xp2012zx/entry-11378454528.html【客家】と【中国共産党】

現在在日中国人は100万人を超えました。

中国は中国共産党が支配する国ですがその中国共産党

も【客家】に支配された構造となさているのです。

【客家】はユダヤ十支族であり【出雲族】と同根とい

えます。

全部読む
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。