最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
286: by 歩来行 on 2013/08/09 at 19:50:03

同士よ、、
怒りも恐れもない
ただ愛と平和を祈るだけ

288: by サブリナ on 2013/08/19 at 02:18:15

ご訪問、有り難うございます。歩来行様。
文字を見ながら、考えているうちにお名前が、大変面白いことに気がついてしまった
のでございます。(フェアリー調が・・出る^^;)

歩いて行こう。星を見ながら。
再来会!

▼このエントリーにコメントを残す

「戦争はなぜ起きるのか」 タンポポ日記。

ユダヤ人はなぜ原子爆弾を作ったのか? 安陪晋三と核戦争の夜

原爆の父といえば、ユダヤ人物理学者オッペンハイマー。
ユダヤ人は広島・長崎原子爆弾投下の一級戦犯である。


原子爆弾が都市に投下されたのは我が日本だけ。


わが国は「戦争を捨て」、
そして「核廃絶」を誓ったはずであった。


ところが・・・


安倍晋三は「小型なら日本も原子爆弾を保有してもよい」と明言した。



そして憲法を変えなくとも、
集団自衛権を行使できる(つまりアメリカと共に世界で戦争を繰り広げる)という見解を明らかにした。



安陪晋三は日本における原子爆弾の父となり、
そして戦争の父となる。



民主党政権でみんな少しは解ったと思うが、
政治家は政権を盗るために国民に餌をばら撒く。


民主党が子供手当てによって子育て層の票を集めたように、
安陪晋三は際限ない国債発行による公共事業を餌に、
国民を戦争の罠にかける。


先日、H2ミサイルが発射されたが、
あのミサイルは安陪晋三の兄が勤める戦争財閥三菱製であり、
なんと今回はJAXAを外し、
三菱自身に打ち上げを任せたという。


いくら総理大臣の兄弟が勤務しているからと言って、
原子爆弾を搭載する予定のH2ミサイルの発射まで三菱に行わせることは許されてよいものか。


だが、安倍晋三は平気で広島に行った。


そして、なに食わぬ顔をして平和式典に出席したのだ。


自身が核ミサイルと戦争の準備をしているというのに、
どこまであつかましい男だ。


日本人は全員、安倍と麻生、石破に殺されるであろう。


だが、助かりたいならば、
今のうちに安倍らに抵抗するしかない。


日本は戦争と原爆を捨てた国である。


戦争を引き起こす人間と政党を許してはならぬ。



安倍が総理大臣の椅子に座っている限り、
必ず東京に核兵器が落ちる日がやって来る!


そして安倍晋三らだけは助かるのだ。
現代のノアの方舟である「首相官邸」というシェルターに隠れて。



私の予言は必ず当たる。



ユダヤ人は人類の絶滅に責任を負っている。
それが世界の歴史である。


過去の世界史とはユダヤ人が書き、
この先も変わりは無いが、その先は短い。


世界の大衆が知らされてこなかっただけだ。
オッペンハイマーはその一人である。


彼がなぜ核兵器を作ったのか、
それは世界の平和のためではなく、
「人類を絶滅させる」ためしかないではないか。

続きを読む>←是非是非!

関連記事
コメント
286: by 歩来行 on 2013/08/09 at 19:50:03

同士よ、、
怒りも恐れもない
ただ愛と平和を祈るだけ

288: by サブリナ on 2013/08/19 at 02:18:15

ご訪問、有り難うございます。歩来行様。
文字を見ながら、考えているうちにお名前が、大変面白いことに気がついてしまった
のでございます。(フェアリー調が・・出る^^;)

歩いて行こう。星を見ながら。
再来会!

▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。