最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
106:癌の原因 by 森下礼 on 2011/03/05 at 09:16:35

「真菌」とは「かび」のことです。確かに、カビ由来の発がん物質「アフラトキシン」というのはありますが、かびそのものがすべての癌の原因だというには無理があると思いますよ。
 細菌、ウイルス、化学物質なども、癌の原因物質だとされていますね。

107:毎日がん細胞が体に発生している。 by サブリナ on 2011/03/05 at 20:19:40

そのようにきいています。免疫細胞が除去出来ているうちは大丈夫。乳酸菌で免疫細胞の故郷、腸を守るのですが。しかしカンジダはどこにでも纏わりついて抵抗力の衰える日を待っているというのは、ありそうな気がします。

108:なんとしても by サブリナ on 2011/03/05 at 20:42:28

助けたい。死なせたくない。
もうすこし癌関連の情報を求めて徘徊してみます。
多くの癌患者さんのためぬも、すこしでも力になりたい。
いまはそんな気持ちです。
こんな所を見つけました。
http://www.gan-navi.com/

109:以前の書き込み by サブリナ on 2011/03/07 at 19:38:45

癌に有効な電磁波の研究をしている人もいるのですねえ。↓

▼このエントリーにコメントを残す

大切な人々が、癌で亡くなっていく・・・

私の周りでは立て続けに癌で亡くなる人があり、なにかいいものはないかと探して見ました。
え~~?と驚く話を見つけました。
癌は真菌が原因だそうですが、どうでしょうか。
今日、家の薬箱にあった重曹を飲んでみました。胃薬ですが、シュワーとしたいい感じで
何も味がしませんでした。

どこかに皮膚癌をこれで治療した写真がありました。
賛成。反対。この件に関し見つけ次第アップします。

 -----------------------------↑ ここで、このようなコメントを発見しました。----------------------
1.すみません。お邪魔します。政府系の独立行政法人で動物の悪性新生物を研究しているものです。シモンチーニ療法については、実際、上皮組織に悪性新生物を罹患したマウスで試しました。10匹のマウスしかできませんでしたが、結果は、2匹のマウスが2日後に完全寛解(フォローアップ後も同じ。)同時に、すべてのマウスのマーカーに変化がありました。僕の重炭酸ナトリウムの選択が間違っているのかもしれませんし、グルコースなどもシモンチーニは使用すると書いてあったので。完璧では有りませんが、これだけでも、驚く結果だと思います。
ヒトでの研究は、ここでは、できませんが、どなたか、研究してみませんか?シモンチーニが既に発表していますが、論文は提出されていませんから、もし、癌が本当に治れば、ノーベル賞どころではないですよ。やってみる価値は有るのではないでしょうか?
今迄の抗癌剤の数%という僅かな効果は、同時に使用する重炭酸ナトリウムの効果のみだったのではないかとも言われているようですよ。
又、真菌に感染したマウスの遺伝子が子孫に受け継がれる時に、免疫組織が抵抗するために、次第に、遺伝子発現が制御されることにより、いわゆる、エピジェネティクス変化を起こすことは、1983年に元WHOの所長だった方が論文を出されていますし、マウスレベルでは、僕自身もそして多くの研究者が確認しています。
重炭酸ナトリウムの化合物で研究開発を始めた医薬品会社もあると聞いています。
いちがいに、シモンチーニさんの療法を否定するのではなく、多くの方が、研究してみたらよいのではないでしょうか?
ヒトでの研究を、やってみるべき価値はあると思いますが、、、、、。
Posted by hahoo at 2011年02月14日 19:44

1.追加 :
このWHOの所長だった方は、癌の原因は真菌だったという論文を書かれています。まさか、WHOが、嘘の論文を書くとは思えませんが?論文に詳しい方でしたら、すぐに調べられると思いますよ。ご参考まで。
Posted by hahoo at 2011年02月14日 19:50

関連記事
コメント
106:癌の原因 by 森下礼 on 2011/03/05 at 09:16:35

「真菌」とは「かび」のことです。確かに、カビ由来の発がん物質「アフラトキシン」というのはありますが、かびそのものがすべての癌の原因だというには無理があると思いますよ。
 細菌、ウイルス、化学物質なども、癌の原因物質だとされていますね。

107:毎日がん細胞が体に発生している。 by サブリナ on 2011/03/05 at 20:19:40

そのようにきいています。免疫細胞が除去出来ているうちは大丈夫。乳酸菌で免疫細胞の故郷、腸を守るのですが。しかしカンジダはどこにでも纏わりついて抵抗力の衰える日を待っているというのは、ありそうな気がします。

108:なんとしても by サブリナ on 2011/03/05 at 20:42:28

助けたい。死なせたくない。
もうすこし癌関連の情報を求めて徘徊してみます。
多くの癌患者さんのためぬも、すこしでも力になりたい。
いまはそんな気持ちです。
こんな所を見つけました。
http://www.gan-navi.com/

109:以前の書き込み by サブリナ on 2011/03/07 at 19:38:45

癌に有効な電磁波の研究をしている人もいるのですねえ。↓

▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。