最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

ひふみ神示 ひとりの気付きが、人を変え、神に近付く者となる

大摩邇(おおまに)様より転載させて頂きました。

http://www.youtube.com/watch?v=2wRaZf4BVlk


ひふみ神示 ひとりの気付きが、人を変え、神に近付く者となる(高画質)


長い長いというてもの、人の歴史の短さよ。
残りた時間はの、もう人のまばたきの、時間ほどしかありはせぬ。
迫りた大事を知らぬまま、人が笑いて暮らすのは、あまりに哀れとおぼしめし、




眠りて起きれば朝が来て、笑いておれば夜が来る。
それは大きな間違いぞ。まもなくひるもよるもものうなるぞ。
口に入れるものもなく、逃げるところものうなるぞ。
心にきざみてくだされよ。神に祈ってくだされよ。人に伝えてくだされよ。
まことの人とは何ぞやと、人に問いてくだされよ。




人はただ、ただ競い合う。己のために競い合う。
己のよくをなすための、きそい、争い、要らぬのぞ。




人をつくりたは、神と同じ、愛を知るためぞ。争うためにつくりたのでないぞ。
苦しめるためにつくりたのでないぞ。愛せるものとして、人をつくりたぞ。
人に自由を与えたは、神のまことのじひの心ぞ。悟りてくれよ。自由の心、ただしく使え­よ。
神がなぜに愛と自由を与えたか、悟りてくれよ。


愛することの気付きはの、小さなことから始まるぞ。
人それぞれの人生で感じた愛は数々の、形をとりておるものぞ。
愛を感じた瞬間を、いつのまにやら忘れ去り、愛というもの知らぬぞと、言うては笑う者­ばかり。
生き物飼いて気付く者。男女の縁で気付く者。肉親失い気付く者。
気付きの形は違えども、一度は心にその愛を、感じてわかりておるはずぞ。
そのこと静かに思い出せ。思い出せればその時の、愛に溢れた瞬間は、心豊かに満ち足り­て、神の心となりておる。
神の心になるのはの、何も難しいことはない。まことは人は一瞬は、神の心になりておる­。
ただ一瞬のまばたきの、ほどにてそれを忘れおる。
人は生きて人のまま、天と地獄を行き帰り。天にも昇る気持ちとは、人が作りた言の葉ぞ­。
天にも昇る心持ち、心で覚えてくだされよ。


このとし大きなまがりかど。あちらへ行くも、こちらへ来るも、それはそなたの選択ぞ。
そなたら人の選択ぞ。選ぶは人ぞ。人なるぞ。
「自らを誤魔化すことなかれ!」




神が救うのでないぞ。

己がすくうのぞ。

人が救うのぞ。

花を救うのは人ぞ。

鳥を救うのも人ぞ。

人しか救えぬぞ。

何も言わぬ花の心となれよ。何も言わぬ鳥の心となれよ。
その悲しき目を見取るのぞ。獣の悲しき声を聞けよ。
人も獣も草も木も、すべては巡り、この星をつくりておるのぞ。
奢る人の心が、この星をくるわせたのぞ。めぐりをめぐりでなくしてしもうたのぞ。
めぐりめぐって、人は人ぞ。めぐりめぐって花は花となるのぞ。
そのめぐる力をとりてしまえば、この星は生きる力を失うのぞよ。
めぐる力を呼び起こせ。めぐる力をとりもどせ。


自分の心に忠実に生きよ。




ひとりの気付きが、人を変え、神に近付く者となる。
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。