最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

カッコーの巣の上で

「カッコーの巣の上で」

感想文を<転載>させて頂きました。

 『カッコーの巣の上で』は、精神病院に収容されているインディアンと白人の混血であるブロムデンが、幻想とも現実ともわからない世界で起きた出来事を語るという話である。

 ブロムデンの父親はインディアンの酋長だった。彼はとても大きかったが、妻にした白人女と、彼を取り巻く様々な白人たちのせいで「小さく」させられてしまった。ブロムデン自身も大学を出、第二次世界大戦にも参加するという経歴を持つが、白人社会のなかでいたぶられ、人間としての尊厳と勇気を剥ぎ取られて、精神病院に送り込まれてしまっている。彼は、そこで自己防衛のために何も聞こえなければしゃべれないという聾唖者のふりを続け、他の人々からは掃除をするだけの大きな怪物としてその存在も認められないままに、自分の意識の中に張り巡らせる霧の中に潜んでいる。

 ブロムデンはこういった悪しき状態を「コンバイン」のせいだと定義づけているが、その「コンバイン」社会が、当時の機械主義一辺倒に走っていたアメリカを象徴しているのはもちろんのこと、あらゆることを規則で縛りつけ、患者を自分たちが管理しやすいように改良してしまうという、この作品の舞台となっている精神病院もまた、アメリカ社会を象徴しているのである。

 この一種異様な管理体制にある精神病院に、マクマーフィという男が連れてこられる。彼は、ブロムデンが今まで全く見たことのないような男である。ブロムデンは、コンバインが人間を順応のロボットにするために、電子機械を知らない間に頭の中に埋め込んでしまうという幻想を持っている。それでも反抗する者は、精神病院という人間改造工場に送り込まれ、電気ショックや脳外科手術で人間の叛逆秦をむしりとってまうのだと信じている。ところが、マクマーフィは、順応ロボットどころか、全く自由奔放に好き勝手なことをしてはばからない。あまりにも彼がのべつ暇なく自由気ままに動きすぎるので、コンバインですら彼を捕まえることが出来なかったのか、とブロムデンは思う。

 それまで婦長の圧倒的な力によって管理されてきた病院は、マクマーフィという自由を愛して止まない男によって、大いにかき回される。彼は、最初は自由を得たいためだけに婦長に反発する。やがて、病院がどんなところかがおぼろげながらも解ってくると、彼もまたわが身の安全を考えるようになる。むやみやたらと素手で「コンバイン」に対抗するようなことをして、それが自分にとって果たしていいことなのか、と悩み、逡巡する。しかし、患者たちの真の悩み、悲しみを知るようになるにつれて、彼は、改めて婦長と対決する決心をする。

 そういう課程を経て、彼は、ただ単に権威に反抗するだけの暴れ者ではなく、傷つけられた者の悲しみを理解し共感することのできる男となっていく。彼は、あくまでもアメリカ社会からの疎外者であり、疎外者であったからこそ、かえって、本来のアメリカの理想であった「個人の自由」の守護者となり得たのだった。

 アメリカ社会からの疎外者であるという共通点から、マクマーフィとブロムデンは出会いの最初から共感しあっている。マクマーフィは、ブロムデンが聾唖者のふりをしていることをいち早く見抜き、彼もまた一人の人間であることを彼自身にもう一度思い出させる。二人がガムのやり取りをしてブロムデンが始めて話をするくだりは、なかなか感動的なシーンだが、そんなときでも、マクマーフィは少しも気取るところなく、さりげない。本当に自由を尊重する態度というのは、そういったさりげない一言や行動の中にこそあるものなのではないだろうか。

 最後には戦いに敗れてしまったマクマーフィを、ブロムデンは殺してしまう。しかし、それは決して敗北ではない。マクマーフィは、自由を手に入れたブロムデンの中に生き続け、病院に残った患者たちの心にもいき続けるからである。
<転載終了>

関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。