最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

ビニールハウスで促成栽培野菜された野菜の危険性。

*tocodayoさん

《一部転載》

モンサントの遺伝子組み換え作物と
除草剤ラウンドアップ、
子孫を残せない種子と
硝酸体窒素・過多肥料と
農薬ネオニコチノイドで
全世界の農業が、外典ヨハネの黙示録に預言された通りに壊滅の危機に瀕しています。

いや、地球上の生命の全滅の危機?

以下は
厚労省、ネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和
からの引用です。

厚生労働省は19日、ネオニコチノイド系農薬のクロチアニジン、アセタミプリドに関する食品残留基準を緩和した。
クロチアニジンの場合、ほうれんそうで従来の13倍(40ppm)に引き上げられる。(オルタナ編集委員=斉藤円華)

同残留基準の見直し過程で、国は2度にわたりパブリックコメント(国民からの意見募集)を実施。合計で約2千件が集まり、その大半が緩和に反対する意見だった。

環境NGOのグリーンピース・ジャパンは同日に声明を発表。「残留基準の引き上げにより、政府は危険なネオニコチノイド系農薬の摂取を増加させている。同農薬が人や環境へ及ぼしうる悪影響に関する科学的証拠や、世界で次々とネオニコチノイド規制を導入する国が増えている流れに逆行している」と批判した。

以下は
2015/05/19 グリーンピース声明: 厚生労働省の判断は「子どもや妊婦への脅威」 --ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅緩和を受けて
からの引用です。

プレスリリース - 2015-05-19

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、厚生労働省がネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅な緩和が告示したことを受けて、下記の声明を発表しました。

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン 食と農業担当 関根彩子
「クロチアニジンの食品残留基準の大幅緩和は、この農薬の使用範囲の大幅な拡大を農薬メーカーが申請したことによるものです。これにより、子どもや妊婦にも推奨される栄養価の高いホウレンソウの残留基準は13倍以上にも引き上げられてしまいました。(注1)

厚生労働省の決定は、より安全な食のため規制を求める願いを打ち砕くものです。
残留基準の引き上げにより、政府は危険なネオニコチノイド系農薬の摂取を増加させています。
これは、この農薬が人や環境へ及ぼしうる悪影響に関する科学的証拠や、
世界で次々とネオニコチノイド規制を導入する国が増えている流れに逆行しています。

先に禁止を決めたEUや韓国につづき、アメリカでも、新たな使用範囲の拡大は認めない方針が打ち出されています。
これと逆行する日本は、食の安全や子どもの健康、そして受粉媒介で農業生産を支えるミツバチよりも、農薬メーカーの利益を優先していると言わざるを得ません。

政府が市民の正当な懸念を無視し続けていることから、グリーンピースは国会議員に向けて「子ども・ミツバチ保護法(仮称)」(注2)の立法を働き掛ける署名活動を開始しました。

そして、根本的な解決のためには、化学合成農薬に依存する工業的農業から、土の豊かさや水の安全を保ち生態系に調和した農業へと一日も早くシフトすることが不可欠です。」

【海外の規制】
●フランス
1999年、予防原則を適用してネオニコチノイド系殺虫剤ガウチョ(成分はイミダクロプリ ド)によるヒマワリの種子処理(種子のコーテイング)を一時停止。
2006年、正式にイミダクロプリドによるヒマワリ、トウモロコシの種子処理を禁止。
2004年、フィプロニル殺虫剤の販売停止。
2018年までに農薬使用量を半減する目標を設定。
2012年、農務省は
クルー ザー(成分:チアメトキサム)の販売中止。

●イギリス
2009年、健康なミツバチ10年計画発表。2008年国内最大の農業事業体Co-opがネオニコチノイドを使用した農作物の流通を一時停止。

●ドイツ
2008年、8種類のネオニコチノイド種子処理剤のトウモロコシへの適用を一時中止。

●イタリア
2009年、クロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサムを含む殺虫剤の種子処理への使用を禁止。

●スロベニア
2008年、クロチアニジンによるトウモロコシなどの種子処理禁止。その後一旦その措置を解除したが、2011年には再び一時的禁止。

●アメリカ
2009年、国内最大・最古の環境市民団体シエラ・クラブは、ネオニコチノイド禁止を環境保護庁(EPA)に要望。
EPAは2009年、イミダクロプリドの登録を再検討する行動計画を公表。
2011年、バイエル社はカリフォルニア州でのアーモンドへのイミダクロプリド使用から撤退。
2012年、市民団体Beyond Pesticidesなど3団体は、絶滅危惧種法違反でEPAを訴える60日事前通知申し立てる。
同年、EPAは高まる世論を受け、ミツバチ減少にかかわるネオニコチノイド系農薬のクロチアニジン禁止についてパブリックコメント募集。

●中国
2009年、フィプロニル殺虫剤の使用禁止。(ただし、衛生用品や輸出用などは除外)

image

以下は
農薬大国・日本の現実 ネオニコチノイド系農薬で、発達障害が急増する!? ~岩上安身による西尾正道氏、黒田洋一郎氏インタビュー
からの引用です。

「日本は世界トップクラスの農薬大国である」――。この言葉には、多くの人々が疑問を持つかもしれない。なぜなら、あらゆる農作物について、「国内産のものは安全だ」という言説が、日本人の間で広範に流布されているからだ。

しかし、実はそうではない。OECDの調査によれば、
単位面積あたりの農薬使用量は、
米国やオーストラリアをおさえ、
日本と韓国がダントツのトップなのである。

そして、
この農薬使用量の多さと相関していると考えられるグラフがある。
それが、発達障害の有病率を表したグラフだ。
image

こちらも、日本と韓国がダントツのトップ。驚くべきことに、農薬の使用量と、発達障害の発生率は、関係している可能性が極めて高いのである。

近年、EUで、ミツバチの大量死の原因として、使用が禁止された農薬がある。
それが、イミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサムといった、ネオニコチノイド系農薬だ。

このネオニコチノイド系農薬が、ミツバチだけでなく、人体に対しても影響を及ぼす、特に発達障害の原因となるという説を提唱しているのが、環境脳神経科学情報センター代表で、『発達障害の原因とメカニズム:脳神経科学の視点から』を上梓した、黒田洋一郎氏である。
黒田氏は、ネオニコチノイド系農薬の残留基準値が、日本では欧米よりも極端に低い事例を紹介しつつ、増加する自閉症やADHD(注意欠陥多動性障害)やLD(学習障害)との関わりを説明した。

インタビューは、北海道がんセンター名誉院長の西尾正道氏も加え、3時間を超える長丁場となった。TPPによって、日本でのさらなる使用が懸念されるネオニコチノイド系農薬の問題について、2015年4月18日、岩上安身が聞いた。
動画
以上引用終わり。

動画Гネオニコチノイド系農薬がミツバチの神経に及ぼす影響」
image
image
image
サリンは非可逆性のコリンエステラーゼ阻害薬
コリン分解酵素=コリンエステラーゼ

コリンエステラーゼも参照のこと。
image

その働きの仕組みから言うと正に
サリンを薄めて畑や森に撒いているのと同じ!!

□ネオニコチノイドで破壊される生態系
image
image
image
カルト企業、住友化学、日本曹達、三井化学アグロ、そしてバイエルによって破壊される地球。
image
上はオカルト企業住友化学の見解

image
前経団連会長で住友化学会長の
米倉弘昌(写真はこちらから。)

以下は
記念公演「農薬と人体被害の実態(1)ネオニコチノイド中毒をご存知ですか?」 メモ2
からの引用です。

日本有機農業研究会『土と健康』2010年10月号No.419

2010年3月7日
青山内科小児科医院青山美子医師
image
(写真はこちらから。)

(中略)
ネオニコチノイド系農薬が残留していると思われる食品を禁じ、改善した例を出す。

21歳女性
短期記憶が酷く、授業についていけず、
学校へ行けなかった。
→食事指導と解毒剤で10日間で回復

23歳男性
建設会社勤務のエリート社員。
一人暮らしのため、緑茶と野菜ジュースを毎日摂取。
記憶障害により会社に辿りつけなくなり、名前を聞かれても答えられない。
上司に連れてこられる。
→緑茶と野菜ジュースを禁じ、解毒剤で回復。

□問題行動の症例
渋川市の小学2年生。学校の問題児。
校舎の4階から子供を突き落とそうとした。
校長が親に学校をやめさせるよう言う程。
また字もちゃんと書けない。
この当時渋川市で松食い虫防除を行っていた。
→治療続け3年生になり、問題行動治まり、作文も書けるようになる。

「今、政府は自殺対策をやっていますが、カウンセラーとか失業対策だけ。
自殺者がいきなり1年で1万人以上増えている年がある。
社会的なバックグラウンドだけでいきなり増えるはずがないんです。
これには生物学的な背景があるんです。
96年から98年にかけていきなり増えている。」
image

「95年以降、ラジコンヘリによる空中散布が
導入されているんです。
農薬散布は通常、原液を千倍で薄めて撒くのですが、ラジコンヘリは5~8倍希釈で撒く。
またこれは、日本経済新聞の記事ですが、子供の暴力が05年から08年にかけて、それまでの3倍になる。
リーマンブラザーズショックが起こったからではないですね。
それはその後、08年です。
これにも生物学的な影響があると思います。
(何故なら、)
03年から、アセタミプリドの空中地上散布が激増したのです。」
image


以下は
硝酸体窒素の問題点と解決法
からの引用です。

はじめに 「チンゲン菜で自殺ができます」という記事を目にしました。東京都が長期間に亘り野菜を詳細に検査し、チンゲン菜から16,000mg/kg(16,000ppm)という、驚くべき硝酸塩の数値が検出されました。
世界保健機構(WHO)は硝酸塩の単独致死量を4,000mgと定めているから、このチンゲン菜250g(1株半)を食べると人間が死ぬ計算になります。

生活習慣病対策には野菜を多く取り、肉を少なくすることが一番いいと言われています。
(そして)野菜を購入する時に私たちは農薬を気にし、なるべく有機栽培の野菜を買う傾向にあります。

しかし野菜に含まれる「硝酸塩の危険性」は一般に知られていませんし、また知らされていませんので、購入の際にも気にしていません。
(タコ注:ただし古来からの伝統的な゛アク抜き調理法゛で60%程度減らすことは出来ます。)

現在の日本の栽培方法では硝酸態窒素が多くなり、あらゆる生活習病の根本原因になると言われています。
日本人の硝酸塩摂取量は世界平均の約3倍といわれています。
身近な野菜がどれだけ汚染されているのか、実際に私たちが普段食べている野菜の硝酸塩値を測定し、どれくらいの硝酸塩が含まれているかを検証しました。結果を踏まえ、現在の日本の、そして世界の農業の問題点とこれからのあり方を考えました。(硝酸塩は硝酸根、硝酸イオン、NO3 -などと表記されるが、 一般には硝酸態窒素、硝酸性窒素が一番多く使われている)
(中略)

■硝酸塩で乳幼児が160名死亡
・WHOによれば第二次大戦後から1986年まで2,000件(実際にはこの10倍の患者が発生していると推定される)の中毒事故があり160名の乳幼児が死亡している。
1950年代から1965年にかけて欧米でほうれん草が原因で乳幼児の死亡事故が相次いだが、なかでも1956年にアメリカで起きたブルーベビー事件が世界に衝撃を与えた。
裏ごしをしたほうれん草を離乳食として与えたところ,真っ青になり30分もしないうちに死亡に至る。270名が中毒を起こし39名が死亡した。

・日本でブルーベビー症候群のような事故は起きていないという。しかし、本当にそうなのか。
硝酸塩の危険性を指摘した「週刊朝日」(1989年3月6日号)で、予防医学科学委員会の能勢千鶴子会長は「生後6ケ月未満の赤ちゃんが原因不明で突然死したケースの中には、硝酸性窒素を多く含んだ水で溶かした粉ミルクや、硝酸性窒素が多い野菜を使った離乳食を食べたことが原因だったと考えられるものがあります」と指摘している。(日本人の硝酸塩摂取量は一人一日200~400mg。世界平均は50~140mgで約3倍の高量である)

・農薬の慢性毒性は気になるが、農薬で育てた野菜を食べての死亡例は確認されていない(飲めば別だが)、しかし硝酸塩は急性毒性があり注意が必要である。

■日本で毎年、家畜が中毒死
1990年 埼玉県 成牛3頭が急死。牧草の硝酸塩濃度は6,800ppm、牧草地に生フンを施肥。
1991年 長野県 和牛1頭死亡。青刈牧草から5,000ppm。
1992年 栃木県 成牛4頭急死。青刈牧草から4,500ppm。
1993年 三重県 豚が急死。微生物を利用した糞尿処理システムでの処理水を房内に散布したところ豚が急死。処理水の硝酸塩濃度は200~500ppm。処理水を飲水させた再現試験でも急死。
1994年 沖縄県 アカシカ牧場で65頭が、食欲不振・嘔吐・起立困難・全身麻痺で急死。豚の生糞尿を散布した採草地からの牧草地からの牧草を給餌していた。牧草及尿から高濃度の硝酸塩検出。
2005年 埼玉県 和牛2頭急死。牧草から8,600ppm。圃場への過剰な生糞 尿還元が原因と推定。
2005年 宮崎県 黒毛和牛11頭中2頭死亡1頭が回復せず廃用。飼料から 10,000ppmの硝酸塩が検出された。

■硝酸塩中毒のメカニズム
・血液は全身60兆個の細胞に毛細血管を通じ「酸素」と栄養を供給し老廃物を回収し命を維持している。
呼吸により体内に取り込まれた酸素は血液 モグロビンと結びつき全身に運ばれる。高濃度の硝酸塩が体内に入ると、硝酸塩がヘモグロビン結びつき酸素の供給量が不足する、酸素欠乏からチアノーゼを起こし、青くなり乳幼児が急死する。メトヘモグロビン血症と言う。 (毛細血管を全てつなぎ合わせるとなんと10万km、地球二周半になる。)

■ 硝酸塩がなぜ残留するのか
・例えば路地栽培のほうれん草は、約60日かけて生育する、ところが、施設栽培(ハウス)では半分の30日程度で収穫できるために光合成が十分に行われず、窒素成分がタンパク質に変化できずに硝酸塩として野菜に残留する。
またハウス栽培はガラス、ビニールなどに覆われる為に,日光量が不足し光合成が損なわれ、硝酸塩が野菜に残留する。EUでは施設栽培は有機農産物として認証されない。
「自然栽培農法」のホウレンソウでは、本来の植物成育期間の90日程度かかるが、硝酸塩濃度は1/30の安全な本物の野菜になる。「日本のハウス栽培面積は世界一」
・また液肥を収穫直前に入れると硝酸塩濃度が高くなる。
一般に、高濃度の硝酸塩を含む野菜は「葉物野菜」であるが、収穫前の追肥によって収量が増す根菜にも多く含まれる。硝酸塩濃度が低い野菜は、果菜・玉ネギ・にんにく・馬鈴薯・さつまいもなどで、これらの野菜は一定の大きさに生長させるには栽培期間を短縮することが不可能であり、結果的に十分に光合成しているためである。
・ 安全性を考えると季節に応じた「旬」野菜が美味しく栄養豊富で安全である。
関連記事
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。