・スポンサーサイト ・ 日本人に謝りたい ~ あるユダヤ長老の懺悔 ~ ・縄文人さんの2012年の黙示録、拾い読み。 ・2012年の黙示録より ・会津武士道の精神 ・春と修羅 ▼もっと見る

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

カテゴリ:本からの抜粋のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 日本人に謝りたい ~ あるユダヤ長老の懺悔 ~

    達人さんのサイトから<一部抜粋>あるユダヤ人が天皇と日本について語った文がある。彼の名はモルデカイ・モーゼ。戦時中にルーズベルト大統領のブレーンとして日本を研究し、戦後の対日処理立案(GHQ政策)にも加わったという。彼は『日本人に謝りたい』という、極めて異例な内容を含んだ本を残している。日本人に謝りたい ~あるユダヤ長老の懺悔~ 第1章 戦前の日本に体現されていたユダヤの理想 第2章 二元論的思考法...

  • 縄文人さんの2012年の黙示録、拾い読み。

    なわのつぶや記(保存版)  <転載>    出口王仁三郎の霊界からの警告   2006年9月13日(水) 更新   雑誌『ムー』が2005年12月号で「救世主・出口王仁三郎の大降臨」という特集を組んでいましたが、その種本となっているのは『出口王仁三郎の霊界からの警告』(武田崇元・著/光文社文庫)です。  この本には、出口ナオや出口王仁三郎に降ろされた神示のエキスがコンパクトにまとめてあります。以下に...

  • 2012年の黙示録より

    ユダヤと戦って世界が見えた   白人支配の崩壊と「二つのユダヤ人」  「ダンス・ウィズ・ウルブズ」が示したもの  アメリカ人、なかでも白人たちにとってアメリカ先住民族、彼らの言うインディアンとは、かつてのスペイン人たちが南米のインディオたちに抱いたと同じイメージであっただろう。野蛮きわまりない者たち、征服されてしかるべき者たちであった。それに拍車をかけたのが西部劇映画であった。  しかし今日つくられる...

  • 会津武士道の精神

      一、年長者のいうことを聞かなければなりませぬ。  一、年長者にお辞儀をしなければなりませぬ。  一、虚言をいうてはなりませぬ。  一、卑怯なふるまいをしてはなりませぬ。  一、弱い者をいじめてはなりませぬ。  一、戸外で物を食べてはなりませぬ。  一、戸外で婦人と言葉を交わしてはなりませぬ。  そして最後に、「ならぬことはならぬものです」と唱和した。  この意味は重大だった。駄目なことは駄目だという厳...

  • 春と修羅

    春と修羅(mental sketch modified)                宮澤賢治心象のはいいろはがねからあけびのつるはくもにからまりのばらのやぶや腐植の濕地いちめんのいちめんの諂曲〔てんごく〕模様(正午の管楽〔くわんがく〕よりもしげく 琥珀のかけらがそそぐとき)いかりのにがさまた青さ四月の気層のひかりの底を唾〔つばき〕し はぎしりゆききするおれはひとりの修羅なのだ(風景はなみだにゆすれ)碎ける雲の眼路〔め...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。